テレビ

胸に湧き上がる想い

2月1日(金)放送の”Mステ3時間SP”

さっき観終わった。

 

オーラスの『嵐』。
そして番組のラストソング
『感謝カンゲキ雨嵐』

 

これ聴いたら涙が溢れてきた。
いろ~ンなコトが走馬灯のように
頭の中に浮かんで。

 

コンサート、行きたいけど行ったら泣いちゃうかな

 

なんて思ったり。

 

『嵐』が与えてくれたコンサートでのあの空間。
やっぱり行かなきゃ最後は笑顔になれない!!

 

FC会員全員、泣きながらも笑顔で最後を見届けるコトが出来るように!

 

『嵐』が、智が好き
という久々に胸に湧き上がる想い。

 

あと2年、やっぱり複雑な気持ちでバラエティー番組とか観ちゃうな。

 

智はジャニーズ事務所も辞めていないし、
芸能界から引退するとも言っていないし、

 

日本?それとも他の国?
どこの国でかは知らないけど、
”自由”を満喫したら戻っておいで。

 

待っているから。

|

思い付くままに、色々と。

『貴族探偵』、観ているよ。録画して。
だいぶ慣れたけど、”お決まり”のパターンに。
ジャニーズで”貴族”って言って最初に思い浮かんだのは、
マリウスだったよ。
ドイツの家とね、あの容姿がね。
ま、でもあの役はねぇ、マリウスには早すぎるよねぇ。

『ボク、運命の人です。』も観ているよ。録画して。
現実には無い設定だけど、もう普通に見てられるもんね。
亀と山Pの掛け合いも面白いし、
最初は違う女優さんだったみたいだけど、
私は木村文乃さんで良かったなぁ。って思うよ。
主題歌ね、初回限定でも楽々買えると思っていたのに、
通常盤でも予約になっていたなんてね。 (~_~;)

ま、しかし、これも”神様”が「お前には必要ない」
と言っているんだと思っているからね。 (~_~;)

『嵐』のライブ初回BDも予約しそびれたね。
でもこれも”神様”が「お前には必要ない」
と言っているんだと思っているからね。 (~_~;)

智の雑誌祭りも始まっているのかな(?)
まぁ、これからどんどん多くなってくるよね。
映画の主題歌が『嵐』になって。
その初回CDも予約しそびれたね。
でもこれも”神様”が「お前には必要ない」
と言っているんだと思っているからね。 (~_~;)

ファンであることは変わっていないけど、
執着が無くなっているのは事実かな。

そう、昨日”夜会”にゲスト出演していた福士蒼汰くんと翔くんとの年齢がひと回り違っていたことに驚きはしないんだけど、「あ~」っていう気持ち?気分?になった。 (~_~;)

|

Welcom 2017year (^_-)-☆

12月があっという間に過ぎて、1月になってしまいました。 (~_~;)

昨日、カレンダーを付け替えて、いよいよ2017年!

って、すでに5日(木)。

と、見たカレンダーは月曜日から始まっている。

この絵柄が好きだったけど、日曜日から始めるカレンダーに慣れているから、付け替えようかなぁ。

さて、年末年始の番組を張り切って録画したけど、沢山あるから、仕事を消化していく気分になっている・・・。 (~_~;)

今のところ、『紅白』で、ピコ太郎とおでこを突き合わせた大野智が、キスを待っているような顔をしているトコロで萌えている。 (^^ゞ

相葉ちゃん、『紅白』の司会、お疲れ様でした。
そしてお誕生日おめでとう!!←だいぶ遅い。(~_~;)

そんな『嵐』さんたちは明日から福岡ドームでのコンサート。

そして、それが終わったら、”今年はゆっくりする”と宣言している大野智は、果たしてどのくらいのんびりするのか!?

ハイスペックマシンでも電源が入らなければ、ただの置物と一緒だからね。

そして、この”ハイスペックマシン”、なかなか1人では長時間の稼働は出来ず、
”並走するマシン”が必要!

去年は、松潤がその担当(?) (~_~;)

ま、皆さん、無理せず、あまりストレスをため過ぎないように働いてくださいませ。

二宮家の家訓(?)

「ストレスためるなら金ためろ」

だっけ!?

まぁ、こんなニュアンスだよね。

素晴らしいわ!!!

さてワタクシも、今年はのんびりと、いや今後はのんびりと、

と言っても、南の島で余生を過ごす、とかじゃないけど、

このブログも始めてから8年目だからね。

色々と生活も変わってきている(?)

ゆったりとやっていきます。

まぁ、だいぶ最近はゆったりとした感じの(?)更新頻度だけど。

では、今年も皆様にとってより良い一年になりますように。

|

思い付くままに、色々と。11月12月

今年も2週間を切ってしまったよぉ!

1つ前の記事の”next”の谷間に現在います (^^ゞ

さて、色々と、さかのぼってみようかな、と。

11月29日(火)。
長野博くんご結婚おめでとうございます
末永くお幸せに

黒木メイサちゃん、第2子妊娠。
おめでとうございま~す 

12月17日(土)?
堀北真希ちゃん、第1子出産。
おめでとうございま~す 

という、おめでたいニュースもあるけど、

勝利くんのお父様が亡くなられて、
それを急きょ、舞台に反映したっていう・・・。

それを聞いて、
「う~ん・・・。」って思ったけど、

お姉さんに
「一緒に舞台に立てるからイイじゃない」
的なことを言われた勝利くんは決意したようで。

舞台の上で悲しい感情を出し切ってしまった方が、
きっとイイのかも知れないね、って思った。

だって、笑顔でいなきゃいけない時が多いんだもんね。
アイドルだから。
笑いたくなくても笑顔が求められる時がある訳だから。

他にも、どれが本当!?

っていうウワサがネット上では流れるけどね。

でも、何事も無かったかのように笑顔で歌ったりして、
悲しいとか辛いとか、エライことをしてしまった、なんて気持ち、
全部置き去りにして、ファンの前では歌うのさ!!! (~_~;)

さて、嵐の名古屋コン。
12月17日(土)に波瑠が関係者席にいたって。
智と波瑠、”大きなZIPポーズ”のやり合い(?)で、
なんかこの人たち、お互い好きなんだろうなぁ~、
って思ったよ。

まだ発展はしていなそうだけど、
今夏、勘違いして”bad boy”だったみたいだけど、
大野智はどうも、同年代以下の人気女優から
好かれるコトが無かったような気がするんだけど、

あっ!ガッキー。
ガッキーは怪しいなぁ~、と思ったけど、
違う方とのウワサが出ていたから、
やっぱり智では無かったのかなぁ~、と思ってみたり。

反対している人もいるけど、
とりあえず波瑠と付き合ってみればイイんだよ。
って思ってみたり。
付き合ってみないと分かんないもんね。
一緒にいて楽しいけど、付き合ってみたら何か違う。
ってコトもあるし、
結婚となるとまた違ってくるだろうし。
ま、ジャニーズの結婚適齢期は40オーバーだもんね(?)

智、12月17日の名古屋コンで”恋ダンス”を踊ったっていう。

”逃げ恥”、1回目観た時、ガッキーがすっごくカワイくて、
「ガッキーってこんなに可愛かったっけ!?」
「いや、可愛かったけど、可愛すぎない!?」
「ショートカットのせいなのか!?」
なんて思ってみたり。

”セカムズ”にちょっと似ているけど、
高収入なのに恋愛下手な30半ばの男性と
真っ直ぐでちょっと積極的な女性との恋。
みたいな感じで。

”セカムズ”は社長なのに女性経験がない(?)、
みたいな感じに思ったけど、
”逃げ恥”は、女性経験がないっていうキャラ設定が
きちんと分かりやすくなっている。

みくり”初めて”論があるけど、
私は初めてじゃないと思うけどなぁ~。

明日、最終回だけど、
とにかくこのドラマはガッキーが可愛くて、癒された~。

さて、みくりほどじゃなけど、料理して夕食にしよ~っと。

|

思い付くままに、色々と。

9月も下旬に差し掛かり、だいぶ涼しくなってきたね。

今年もあと3ヶ月かぁ~。

なんて思い、

今年は”ピングレ”しか映画を観ていないなぁ。

なんて思い、

”あんなシーン”を撮ったら、もっと演技指導を受けたくなるよねぇ~。

なんて、1週間宿泊(?)のウワサの時に思ったり、

その後、何事も無かったように双方、仕事をしていて良かったなぁ~。

なんて思い、

最近は、20代前半男子は40代女子が好きなのか?、

なんて思ったりしたコトもあったけど、

水面下での出来事も多くあったりするだろうけど、

テレビでの報道の影響って大きいよね!

って思ったり、

最近のお気に入りは山﨑賢人くんだけど、

大野智への妄想とは違って、

2.5次元以上のコトは考えられないね。

ニノが、「3つ子なの!?3人で回しているの?」って言うくらい、

次から次へと人気女優と共演しているスパンだと、

相手役の女優を好きになって付き合うトコロまで行かない(?)からイイのかもね!?

そうだ!『好きな人がいること』の最終回。

最後の方で、美咲が寒いと言って夏向が美咲と手をつなぐシーン。

あれはやっぱり、手をつないだまま、夏向が自分のポケットの中に美咲の手も入れるトコロまでやって欲しかった。

自分の思い出に浸りたかったから。 (^^ゞ

まぁこのドラマ、

「それは無いだろ~」

とか

「『花より男子』をオマージュ(?)し過ぎ (~_~;)」

とか思うところも多々あったけど、

まぁ、画がキレイなんでね。

「あの花火、鎌倉の花火かなぁ~」

なんて、

鎌倉花火大会を、火の粉が落ちてくるトコロで観たことを思い出したり、

まぁ、色々と回顧が出来たんで楽しかったかなぁ~。と。

そうだ!さっき久しぶりに『DearSnow』を聴いて『大奥』を思い出したんだけど、

今、『超特急』で活躍しているタカシも出演していたんだよね。

山﨑賢人くんと同じ事務所だけど、タカシもかなりのイケメンだから、また俳優業とかもやらないのかなぁ~。

なんて思ったよ。

そうだ!この夏は、卓球の水谷選手の真似をしてみた。 (^^ゞ

と言っても、ルームウェアとしてショートパンツを穿いていた時だけ。

いや、実に気持ちがイイ。

そろそろ寒くなってくるから、この楽しみも終わりかな!?

寝る時はね、イイよね。解放感。

あっ!そうだ!

『MステウルトラFES』、ほぼ1週間かけて観たよ。

一番印象に残っているのは、『Perfume』だね。

何度も観た。面白い。あの曲も好き。

ダンスがホントに揃っていて綺麗。

ジャニーズでも、グループでのダンスだったら、やっぱり揃っている方が綺麗に見えるしね。

変に1人だけ個性を出そうとしない方がイイよ。

普通に話している時は面白くてイイ子だと思うんだけど、

『B.I.Shadow』の時はそんなコトは無かったと思うけど、

いつの間にか赤西ナイズされた歌い方になっちゃって、

最近は少し直ってきたと思うけど、

やっぱり全体のダンスとズレて見えちゃうんだよね。

その個性はソロで歌う時に取っておいて、グループで歌う時には封印して欲しいね。

で、握手会に行ってから5年。

最近、『SexyZone』は華やかなになってきたなぁ~。

って思う。

グループの今後の発展のためにも今のうちに手を打とう!!

先輩の『嵐』さんなんか、ちょっとバラバラな感じにダンスをして欲しい時だって、揃っちゃうんだから。←『I seek』PVより

さて、まとまりの無いコトをダラダラと書いてきた。

このブログ、フェードアウトじゃなくて、終わる時にはきちんと挨拶しようとは思っているけど、

もしかしたら、わっかんないなぁ~。

さて、本当に眠くなってきた。

では、 (^_^)/~

|

今、”禁断の恋”ブーム!?

この上半期の芸能ニュースで、いくつ取り上げられたか正確に覚えていないほどあったから、”禁断の恋”に、ちょっと嫌悪感を抱いているけど。

なのに、ドラマでも映画でも、なぜ今、ジャニタレが”禁断の恋”!?

タッキーも松潤も、今までに”禁断の恋”を演じているけど、

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

★タッキー
・1999年にドラマ『魔女の条件』で、松嶋菜々子さん演じる女教師との禁断の恋に落ちた高校生を。

当時、このドラマはちゃんと観ていなかったけど、放送していたのは知っている。(^^ゞ

★松潤
・2005年に映画『東京タワー』で、寺島しのぶさん演じる主婦との禁断の恋に落ちた大学生を。

『東京タワー」は、映画館ではなくテレビ放送で観た。

松潤が劇中でりんご(トマト?)を食べながら入浴するシーンを、『世界一難しい恋』の鮫島社長がジムで入浴するシーンの時に思い出して、”寺島しのぶさん”のように潜りたいと思ったけど、邪心を捨ててドラマに集中するコトにした。 (~_~;)

・2007年に映画『僕は妹に恋をする』で、榮倉奈々ちゃん演じる妹との禁断の恋に落ちた兄を。

レンタルして観た。(^^ゞ

・2014年にドラマ『失恋ショコラティエ』で、石原さとみちゃん演じる人妻に恋をするパティシエ役を。

これはブログにも感想を書いていたけど、もちろんリアル放送(録画もあり)で観た。
この時から、”金爆”のうばさんの”実況”による”Wジュン”が浸透(?)したね。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

タッキーも、もしかしたら他に”禁断の恋”を演じているかも知れないけど、

松潤は、ドラマ『99.9』で路線変更したと思ったけど、
松潤と言ったらラブストーリー、”禁断の恋”と言ったら、松本潤。だよね(?) (^^ゞ

今は以前と違って、SNSなどの普及により、”禁断の恋”に、お手軽さを感じるけど。

タッキーの新ドラマ『せいせいするほど愛してる』や、松潤の来年秋公開の映画『ナラタージュ』では、そんな軽率(?)な”禁断の恋”を描いている訳ではないと思うけど、”禁断の恋”は”禁断の恋”だからね。

”禁断の恋”に限らず、ずいぶん前のブログでダラダラ書いたコトもあったけど、男女が付き合ったら「別れる」か「結婚する」しか最終結論は無いんだから。

そのドロドロした部分を、この上半期の芸能ニュースで沢山見させてもらったので、”禁断の恋”の中の《美しさ》や《儚さ》や《切なさ》などに胸キュンしたり、感情移入したり出来る気がしない。
ので、タッキーの新ドラマは観ていない。
裏の波瑠の新ドラマは録画してあるけど、暗そうなのでこのまま観ないかも・・・。

来年の秋には気分も変わっているだろうから、松潤の久々の”禁断の恋”を観たくなると思う。

その前に、もちろん、来年夏公開の大野智主演映画『忍びの国』は観る!!!

久々のブログ連投。
仕事をするために点けているパソコンなんだけどね・・・。 (~_~;)

|

今日で6月も終わり。で、智&潤。

1年の半分が過ぎようとしているね。

『嵐』が色々な行事(イベント・コンサート等)をしているけど、まったくスルーな状態。 (~0~;)

ドラマは『世界一難しい恋』と『99.9』は観たけどね。

そう、”セカムズ”で翔くんが本人役を演じたことから、智も自分役を演じたい、みたいなコトを言っていたけど、
その時、”大野智とは何だ?”、みたいなコトを言っていて、

ドラマでの松潤と智の比較と言うのもあって、思ったコト。

松本潤:自己主張が強く、協調性がある。
大野智:控え目で、我が強い。

「、」(てん)の左右の言葉、本当だったら逆説だけど、
だから、
”自己主張が強い” けど ”協調性がある。”
とか
”控え目” だけど ”我が強い。”
なんだけど、

この2人の場合は、”but” じゃなくて、 ”and” だよね。

この相反する要素を上手く操っている感じ。

智&潤、連ドラ共演なんて無いだろうね。

ちょっと頼りなく思える兄。
そんな兄に反発する俺様的な弟。
それを優しく受け止める兄。
いずれ弟は兄の偉大さに気付いていく・・・。

そう、”セカムズ”での和田社長みたいな役を松潤が演じたら面白いだろうな、って思ったよ。

智と敵対するような役で。で、いずれ仲良くなる。みたいな。

まぁ、今となっては『嵐』が2人共演する連ドラは無いだろうなぁ~。

『山田太郎ものがたり』が懐かしいね。 (^_-)-☆

|

『世界一難しい恋』、最終回感想と今後の智、他

このドラマ、生粋の横浜っ子と仲良くしていた時に行った場所も多くて、れいさん&みささん、と同じようなデートをしていたりして (^^ゞ
数年前のブログで、ランドマークタワーに行っただの、シーパラに行っただの、とか書いたコトがあったけど、当時を思い出して懐かしくなったね。 (^^ゞ

さて、ドラマの感想。

最初の方、美咲の土地を見に行って、2人で草取りをしている時の光景が可愛かったね。(^_-)-☆

”くちづけ”(唇をくっつけるコト)はしていたけど、その後のカット、ちゃんとした”キスはしたのかな!?

部長が・・・。でも、まひろちゃんと付き合うコトになって良かった。(^.^)

和田社長、結婚式でのスピーチ、最後まで傲慢さが出ていたね。 (~_~;)

舞子は、零治にアドバイスする内容からすると、”肉食”かな!?

美咲は、7話の最後のセリフからすると、”肉食”っぽい感じがしたけど、やっぱり何だかよく分からない。(~_~;)

最後、同棲で終わって、零治も普通の人になっちゃったね。(=_=)

今後、もし続編があるとすれば、『釣りバカ日誌』のようなドラマになっちゃうかな!?
詳しくは知らないけど、イメージとして社長とダメ社員の”秘密の関係”の話だよね(?)

だから、物語の中心は鮫島社長と三浦。
この2人のコミカルなドラマとか映画とか(?)
面白そうじゃない!? (≧▽≦)

美咲は零治と結婚しているけど、メインじゃないので、たまに出てくる程度。

このドラマを観て、私も心がコンパクトなのかな?、って思ったコトがあったけど、

ドラマ中の、
和田社長が紹介しようとしていた女性が零治より”背が高い”。
”子犬”を可愛がろうとする。
最後、”同棲”をする。

そして、前回の『Mステ』出演時、
智の切ない一曲として紹介された松山千春さんの『白い花』。
ジュニアの時に良く聴いていたというコトだったけど、
智は、公の場をメッセージに使う傾向があるので(?)、
字幕の歌詞を見て、
”パグ”の飼い主に名前があがった2人を思い出したよ。(~_~;)

ま、考え過ぎですけど!?
ま、連想ゲームが得意なのかな!?(^^ゞ

でも、もはや(?)、智に彼女いてもいなくてもどっちでも良いと思っている。

だって、私が智のコトを好きでも嫌いでも、智との距離感は変わらないから。

ただ、求めるコトは、今のようなビジュアル、キレのあるダンス、心地よい歌声。

彼女がいても(彼女がいるコトで)、それがきちんと保たれれば、何の文句も無い。

逆に、彼女がいるコトでダラケてしまうようなコトがあったら別れて欲しいと思っちゃうね。

この後は、”忍者”の仕事。

今朝のラジオでは、この仕事の関係上、まだ髪を切らないみたいなので、前髪長めの今の髪型が好きな人は安心してもイイみたい。 (*^^)v

体型も今のまま維持しないと、というより、”忍者”に備えて絞ってきたのかな!?、って感じもあるけど、
今年もきっと秋くらいからドームツアーもあるから(?)、きっと体型は絞られたままだよね!?

智、『ZERO』でも言っていたよね。
東山さんに感化されて、自分はまだまだだなぁ~、みたいなコト。
その言葉、信じているから。

”忍者”の公開は来年7月だけど、舞台挨拶とか宣伝が多くなる1年後も、きっと今と同じようなビジュアルであると、パフォーマンスが出来ると、信じているよ。 (#^0^#)

翔くんの最終回出演、本当に『ZERO』だったね。(^.^)
翔くんはTBSでもレギュラーを持っているから、松潤ドラマの最終回にも出演しないかな、って思ったけど、最終回ゲストは中丸くんなんだね。

|

ドラマ『世界一難しい恋』、9話感想

鮫島社長、美咲のことが本当に好きなんだね。
自転車通勤に、着ぐるみに、徒歩帰宅。
涙ぐましい・・・。(~_~;)

智は着ぐるみが似合うよね。
着ぐるみの中の顔がカワイイ 
以前、『TORE』に出演した時にも思った。
あの枠組みに顔だけがすっぽり収まっているのが可愛いよね

美咲とスウィンギーの写真シーン、フロリダのディズニーワールドでドナルドと写真を撮った時のコトを思い出したよ。
ドラマでは美咲からスウィンギーに抱きついたけど、ドナルドがキュッと腰を引き寄せ、ウエストにギュッと手を回して写真を撮った感触は今でも覚えているよ。(~_~;)

9話の最後、美咲を”抱擁”した時も良かった。あれが零治の望む”抱擁”なんだよね!?
しかし、良く繋いでいるなぁ~、って。
このドラマ、ほぼほぼ知っている場所で、行ったコトがあったり利用したりしたコトがある場所も多くて、「さっき山下公園あたりだったのに、今、天王洲だ」って。
ドラマってスゴイなぁ~、役者さんてスゴイなぁ~、って改めて思ったよ。

智の好きな顔は他にも沢山あるけど、今回は特に、鮫島旅館に行った際、待機していた車の中から館内に入ってきた舞子を見た時の零治の表情。
穏やかに微笑むところがすごくイイ!! (#^0^#)

今回も、自転車のサドルの高さが「ちょうどいい」など、笑えるトコロが多々あって面白かった。
けど、ミステリーでもサスペンスでも推理モノでもないのに、毎回疑問が残るドラマは初めてかも。(^^ゞ

あの大きさの小学生が池を1人で作るって、小さな池ならまだしも、造園業も顔負けの池って (~_~;)

和田社長の辞任も理解出来ない。いや、意味合いは、わかるけど、ビジネスリーダーは60を超しても現役バリバリの人が沢山いるのにね。
数年?、ちょっと休息したらまた何か始めるでしょうね、ああいう人は。
ホテルも同族経営みたいだし、復職も可能だよね。
最終回予告にも元カノ役の中村アンちゃんと仲良く出ていたけど、和田社長の真意の答え合わせは来週だね。
鮫島社長を殴ったのは驚いたけど、ここはコメディ要素の方だよね!?

最終回予告映像が流れる横で、零治と美咲がドラマの結末を、「この2人らしくてイイ」みたいなコトを話していたけど、やっぱり仕事上のパートナーとしてこれからお互い頑張っていこう!、ってことなのかな!?
この答え合わせも次週までのお楽しみだね。(^_-)-☆

このドラマ、
”坊ちゃん”であるところが『怪物くん』っぽくて、
スーツをビシッと着て仕事をしているところが『魔王』っぽくて、
そしてついに9話で、着ぐるみを着たところが『歌のおにいさん』っぽいって思ったよ。
なので最終回ではぜひ、黒ぶち眼鏡をかけて赤いカーディガンを着た鮫島社長の自宅シーンを何とか差し込んでください!
お願いします!! m(__)m (^-^;

『鍵のかかった部屋』 ね。 (*^^)v

ドラマの感想がやっと追いついて、落ち着いた。←なんじゃそりゃ? (^^ゞ

|

ドラマ『世界一難しい恋』、1~8話、柴山美咲、って。

柴山美咲。
鮫島社長の元恋人。
前職はパリの高級ホテルのフロント。
パリには3年在住。
元カレは同僚のベルギー人。

元カレとの別れを国際電話で済ませたら、逆上されてストーカーのようなメールがくるようになった。
というようなことを同僚との飲み会で言っていたけど、
日本に帰ってくる前にきちんと別れてこなかったのか!?
ラブラブで帰国してきたのか!?
が、気になる。

いきなり電話で、しかも国際電話で別れを告げられたら、誰だって逆上しない!?
美咲の気持ちはハッキリと終わっているけど、元カレはモヤモヤしたままだからメールを送るけど全シカトな訳でしょ!?

「お前なんか日本に帰っても何も出来ない」ってメール、元カレの強がりで、本当はパリに戻ってきて欲しかったんじゃないかな(?)。
でも、美咲は自分の道を進む。Going my way だよ。

美咲がそんな元カレとのやり取りに落ち込んでいる時に、鮫島社長が急接近。
仕事で尊敬している人が自分を評価してくれていると思い、嬉しくなるよね。
他の社員が知らない社長のお茶目なトコロにも好感を持ってくる。

そして美咲の中で、7話の最後で吐露されたセリフ、
「社長は、仕事が出来て、大人の余裕があって、時に厳しいけどお茶目な人」
という”理想の鮫島社長像”が出来上がる。
そうそれは、元カレとの心の傷が癒えていない美咲が勝手に作り出した鮫島零治像。

だって、元カレとは何年付き合っていたか分からないけど、別れてまだ3ヶ月も経っていないんだもんね。

だから、それが裏切られた時に、
「私今、あきれています。自分がこんなにも人を見る目が無かったと」
「社長のことを一瞬でも器の大きい人だと思ってしまった自分をぶん殴ってやりたいです」
と言う7話の最後でのセリフ、
”なんでこんな人を好きになってしまったんだろう”、というすごく強い後悔が感じられる。

だから8話で、よりを戻したい零治が美咲に連絡をしたけど、電話もメールも全シカトだったんだよね。
”もう関わりたくない。新しい恋にも失敗した。仕事のキャリアにも傷が付いた。”
くらいの事を思っているような気がする。

元カレには全く未練は無くても、キスもしたコトがない2週間しか付き合っていない零治と比べれば、やっぱりベルギー人の元カレの方が良かったと思うかも知れない。

だから8話の最後で、上司でもなくなった零治に、あんなにキツイ態度を取れたんだと思う。
零治がストーカーのようになってしまったのは舞子の後押しがあったからではあるけど、零治は美咲とは逆に、”キスもしたコトが無い。2週間しか付き合っていない。”というコトを、まだ恋はスタートしていないととらえた。

でも、美咲は零治にはもう全く気持ちが無くなっているからね。
美咲のような人は、終わった恋は振り返らず次の恋に進む。
それを表現したかったのかも知れないけど、零治があまりにも惨めに見えたよね。
最後の上からのワンショットが、なおさらそう感じさせた。

予告ではまた色々な事柄が起きそうだけど、美咲も零治がメモしたと思われる本を見て考え直すような感じなのかな!?

8話では、舞子に対する零治の”勘違い野郎”がスゴク受けた。 \(^0^)/

ドラマとしての鮫島零治のキャラはスゴク面白いから、もうすぐ終わっちゃうのがとても残念! (ToT)

”鮫島社長の恋愛記録”みたいな感じで、今回は美咲と復縁せず、したとしても、次のシリーズでは別れるトコロから始まり (^^ゞ、
次の恋でもなかなか上手くいかないさまを描いていくっていうのはどうだろう?
だから、最初の方でのお見合いのシーン、もうちょっと1人の人との付き合いをクローズアップしても良かったのかな、と思う。
だからまさしく、”鮫島社長の恋愛記録”ドラマ。

ま、今回は、美咲との恋に奮闘する恋愛下手なちょっと変わった鮫島社長の話。だからね。

あと2回。楽しみに (^.^)

|

より以前の記事一覧