映画

思い付くままに、色々と。

『貴族探偵』、観ているよ。録画して。
だいぶ慣れたけど、”お決まり”のパターンに。
ジャニーズで”貴族”って言って最初に思い浮かんだのは、
マリウスだったよ。
ドイツの家とね、あの容姿がね。
ま、でもあの役はねぇ、マリウスには早すぎるよねぇ。

『ボク、運命の人です。』も観ているよ。録画して。
現実には無い設定だけど、もう普通に見てられるもんね。
亀と山Pの掛け合いも面白いし、
最初は違う女優さんだったみたいだけど、
私は木村文乃さんで良かったなぁ。って思うよ。
主題歌ね、初回限定でも楽々買えると思っていたのに、
通常盤でも予約になっていたなんてね。 (~_~;)

ま、しかし、これも”神様”が「お前には必要ない」
と言っているんだと思っているからね。 (~_~;)

『嵐』のライブ初回BDも予約しそびれたね。
でもこれも”神様”が「お前には必要ない」
と言っているんだと思っているからね。 (~_~;)

智の雑誌祭りも始まっているのかな(?)
まぁ、これからどんどん多くなってくるよね。
映画の主題歌が『嵐』になって。
その初回CDも予約しそびれたね。
でもこれも”神様”が「お前には必要ない」
と言っているんだと思っているからね。 (~_~;)

ファンであることは変わっていないけど、
執着が無くなっているのは事実かな。

そう、昨日”夜会”にゲスト出演していた福士蒼汰くんと翔くんとの年齢がひと回り違っていたことに驚きはしないんだけど、「あ~」っていう気持ち?気分?になった。 (~_~;)

|

今年2本目の映画、話題作を観たよ。

前回のブログ

今年は”ピングレ”しか映画を観ていない。

って書いたけど、

ようやく観たよ。

今年の2本目。

話題作。

観たいと思っていた映画。

観よう観ようと思っているうちに終わっていたり、

観る時には小さいスクリーンになっていたり、

でも、

まだまだ満員御礼!リピーター続出!

のようで(?)

そう!

『君の名は。』

を観たよ。

何だかずっと泣いていた。 (~_~;)

始終泣くような映画じゃないんだけど。 (~_~;)

何が悲しいんだか感動しているんだか、

どこが琴線に触れたんだか、

まったくそんなシーンじゃないのに涙が出てくんの。 (~_~;)

2年前に観た映画『STAND BY ME ドラえもん』の時も泣いちゃったけど、

なんか

最近ちょっと疲れているなぁ~

って時に時間が出来て、

1人でフラッと映画館に行って、

ファンタジーと現実の融合(?)、

みたいな映画を観ると泣いちゃうんだよ、きっと私。 (~_~;)

って、結論付けたけど。 (^^ゞ

『君の名は。』は、壮大というか、

現実風景の模写の美しさというか、

知っている場所も色々出てきて面白いし、

ねじれた時系列のつじつまを合わせようとして、
大人はリピートするのかな!?

もう1度1人で観ようとは思わないけど、

友達に誘われたらもう1度行きたい。

”あの場所”へ。

こう書いて、それだけで何だか”キュ~ン”とする。
なんか不思議な(?)映画だよね。

9月中旬の前回の記事で、

だいぶ涼しくなってきたねぇ~、

なんて書いたけど、

その後、すっかり暑さを取り戻し (~_~;)

暑いと、年内まだ月日があると勘違いしちゃいそうだけど (^^ゞ

でも、明日からは秋らしいみたいだよね。

で、やっぱり10月。

もう”夕方”感たっぷり。

やっぱり、”夏の夜”とは違うね。

薄着で紫外線も気にならない”夏の夜”が好きだったけど、

さようなら~~~。

そして、大野智くん。←珍しくフルネームの”くん”呼び。

映画の撮影お疲れ様でした!!

来年の公開、楽しみにしているよ♪

|

思い付くままに、色々と。

9月も下旬に差し掛かり、だいぶ涼しくなってきたね。

今年もあと3ヶ月かぁ~。

なんて思い、

今年は”ピングレ”しか映画を観ていないなぁ。

なんて思い、

”あんなシーン”を撮ったら、もっと演技指導を受けたくなるよねぇ~。

なんて、1週間宿泊(?)のウワサの時に思ったり、

その後、何事も無かったように双方、仕事をしていて良かったなぁ~。

なんて思い、

最近は、20代前半男子は40代女子が好きなのか?、

なんて思ったりしたコトもあったけど、

水面下での出来事も多くあったりするだろうけど、

テレビでの報道の影響って大きいよね!

って思ったり、

最近のお気に入りは山﨑賢人くんだけど、

大野智への妄想とは違って、

2.5次元以上のコトは考えられないね。

ニノが、「3つ子なの!?3人で回しているの?」って言うくらい、

次から次へと人気女優と共演しているスパンだと、

相手役の女優を好きになって付き合うトコロまで行かない(?)からイイのかもね!?

そうだ!『好きな人がいること』の最終回。

最後の方で、美咲が寒いと言って夏向が美咲と手をつなぐシーン。

あれはやっぱり、手をつないだまま、夏向が自分のポケットの中に美咲の手も入れるトコロまでやって欲しかった。

自分の思い出に浸りたかったから。 (^^ゞ

まぁこのドラマ、

「それは無いだろ~」

とか

「『花より男子』をオマージュ(?)し過ぎ (~_~;)」

とか思うところも多々あったけど、

まぁ、画がキレイなんでね。

「あの花火、鎌倉の花火かなぁ~」

なんて、

鎌倉花火大会を、火の粉が落ちてくるトコロで観たことを思い出したり、

まぁ、色々と回顧が出来たんで楽しかったかなぁ~。と。

そうだ!さっき久しぶりに『DearSnow』を聴いて『大奥』を思い出したんだけど、

今、『超特急』で活躍しているタカシも出演していたんだよね。

山﨑賢人くんと同じ事務所だけど、タカシもかなりのイケメンだから、また俳優業とかもやらないのかなぁ~。

なんて思ったよ。

そうだ!この夏は、卓球の水谷選手の真似をしてみた。 (^^ゞ

と言っても、ルームウェアとしてショートパンツを穿いていた時だけ。

いや、実に気持ちがイイ。

そろそろ寒くなってくるから、この楽しみも終わりかな!?

寝る時はね、イイよね。解放感。

あっ!そうだ!

『MステウルトラFES』、ほぼ1週間かけて観たよ。

一番印象に残っているのは、『Perfume』だね。

何度も観た。面白い。あの曲も好き。

ダンスがホントに揃っていて綺麗。

ジャニーズでも、グループでのダンスだったら、やっぱり揃っている方が綺麗に見えるしね。

変に1人だけ個性を出そうとしない方がイイよ。

普通に話している時は面白くてイイ子だと思うんだけど、

『B.I.Shadow』の時はそんなコトは無かったと思うけど、

いつの間にか赤西ナイズされた歌い方になっちゃって、

最近は少し直ってきたと思うけど、

やっぱり全体のダンスとズレて見えちゃうんだよね。

その個性はソロで歌う時に取っておいて、グループで歌う時には封印して欲しいね。

で、握手会に行ってから5年。

最近、『SexyZone』は華やかなになってきたなぁ~。

って思う。

グループの今後の発展のためにも今のうちに手を打とう!!

先輩の『嵐』さんなんか、ちょっとバラバラな感じにダンスをして欲しい時だって、揃っちゃうんだから。←『I seek』PVより

さて、まとまりの無いコトをダラダラと書いてきた。

このブログ、フェードアウトじゃなくて、終わる時にはきちんと挨拶しようとは思っているけど、

もしかしたら、わっかんないなぁ~。

さて、本当に眠くなってきた。

では、 (^_^)/~

|

今、”禁断の恋”ブーム!?

この上半期の芸能ニュースで、いくつ取り上げられたか正確に覚えていないほどあったから、”禁断の恋”に、ちょっと嫌悪感を抱いているけど。

なのに、ドラマでも映画でも、なぜ今、ジャニタレが”禁断の恋”!?

タッキーも松潤も、今までに”禁断の恋”を演じているけど、

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

★タッキー
・1999年にドラマ『魔女の条件』で、松嶋菜々子さん演じる女教師との禁断の恋に落ちた高校生を。

当時、このドラマはちゃんと観ていなかったけど、放送していたのは知っている。(^^ゞ

★松潤
・2005年に映画『東京タワー』で、寺島しのぶさん演じる主婦との禁断の恋に落ちた大学生を。

『東京タワー」は、映画館ではなくテレビ放送で観た。

松潤が劇中でりんご(トマト?)を食べながら入浴するシーンを、『世界一難しい恋』の鮫島社長がジムで入浴するシーンの時に思い出して、”寺島しのぶさん”のように潜りたいと思ったけど、邪心を捨ててドラマに集中するコトにした。 (~_~;)

・2007年に映画『僕は妹に恋をする』で、榮倉奈々ちゃん演じる妹との禁断の恋に落ちた兄を。

レンタルして観た。(^^ゞ

・2014年にドラマ『失恋ショコラティエ』で、石原さとみちゃん演じる人妻に恋をするパティシエ役を。

これはブログにも感想を書いていたけど、もちろんリアル放送(録画もあり)で観た。
この時から、”金爆”のうばさんの”実況”による”Wジュン”が浸透(?)したね。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

タッキーも、もしかしたら他に”禁断の恋”を演じているかも知れないけど、

松潤は、ドラマ『99.9』で路線変更したと思ったけど、
松潤と言ったらラブストーリー、”禁断の恋”と言ったら、松本潤。だよね(?) (^^ゞ

今は以前と違って、SNSなどの普及により、”禁断の恋”に、お手軽さを感じるけど。

タッキーの新ドラマ『せいせいするほど愛してる』や、松潤の来年秋公開の映画『ナラタージュ』では、そんな軽率(?)な”禁断の恋”を描いている訳ではないと思うけど、”禁断の恋”は”禁断の恋”だからね。

”禁断の恋”に限らず、ずいぶん前のブログでダラダラ書いたコトもあったけど、男女が付き合ったら「別れる」か「結婚する」しか最終結論は無いんだから。

そのドロドロした部分を、この上半期の芸能ニュースで沢山見させてもらったので、”禁断の恋”の中の《美しさ》や《儚さ》や《切なさ》などに胸キュンしたり、感情移入したり出来る気がしない。
ので、タッキーの新ドラマは観ていない。
裏の波瑠の新ドラマは録画してあるけど、暗そうなのでこのまま観ないかも・・・。

来年の秋には気分も変わっているだろうから、松潤の久々の”禁断の恋”を観たくなると思う。

その前に、もちろん、来年夏公開の大野智主演映画『忍びの国』は観る!!!

久々のブログ連投。
仕事をするために点けているパソコンなんだけどね・・・。 (~_~;)

|

連想したコト<デビクロ⇒亀と斗真⇒ウロボロス⇒智と嵐⇒銭の戦争⇒SMAP>

いつも書こう書こうと思って忘れてしまっていたけど、

約束通り(?)←誰との?
『MIRACLE デビクロくんと恋の魔法』を観ました!←いつの話だよ?

そう、それは今年のお正月。

私は『嵐』ファンなので、映画のイメージを大体知っていたんだけど、一緒に行った人はまったく知らず、

そして鑑賞後の友人の感想は「面白かった」と満足げ。

「クリスマスまでに観ればもっと盛り上がったのに」という友の言葉には同感。

私は、もっと斗真くんの出番があるのかと思っていたけど、意外と少なくてちょっとガッカリ  (~_~;)

「目には目を歯には歯を」じゃないけど、←いやいや、この例えは違うけど (~_~;)

「クリスマスにはクリスマスを、お正月にはお正月を」ですね (^^ゞ

予告で観た『ジョーカー・ゲーム』、「面白そうだな」って思って。

最近、亀ちゃんが宣伝で色々な番組に出ていて、で、最近の亀ちゃん「なんかイイなぁ~」って思う。

やっぱ、自発的に色気を出そうとしている20代前半よりも、肩の力が抜けて自然とフェロモンが出てくるアラサーの方が色っぽいのかな!?

智の場合もそうだけど、セクシーじゃないんだよ、色気なんだよ。

そう、20代前半はセクシーに見せようとしたりするけど、20代後半は色気が醸し出してくるんだよね、きっと。

そしてたぶん、40代になってまたセクシーに見える人と、もうセクシーとは縁遠い人と (~_~;) に分かれるような気がするね。

『ウロボロス』、録画残量が少なくて2回目が全部録画できていなくて、

年末あんなに増やしたのに残量が少なくなっていくと預金額が減っていくような気分・・・ (~_~;)

でもさっき2回目の再放送をしていたので良かった (^.^)
これはバッチリ録画 (*^^)v

このドラマ、ちょっと『魔王』っぽいよね。
斗真くんとのダブル主演であるのと、暗い(?)←シリアスというのか(?)、画の感じが。
TBSの金曜22時~ だし。

だから観ているとついつい(?)大野智くんが浮かんできちゃうんだけど、小栗旬くんの役は智には無理だよな、って納得して観ている。

だから(?)、エンディングで流れる『嵐』の『Sakura』も、ほぼ智の歌声しか耳に入ってこない。
よ~く耳を澄ませば他の人の歌声も聴こえてくるけど、ま、智の歌声あっての『嵐』のユニゾンだよね。

ま、エンディングだからね。

でも、草彅剛くん主演ドラマ『銭の戦争』で『SMAP』の歌がエンディングで使われているけど、ドラマの音声が無いところで流れているのか?、すっごくハッキリと中居くんの声が聞こえてくるよね。

|

夏らしいコトをしないうちに9月、の映画鑑賞記録

10月に入って涼しくなってきたかと思ったら、今日は夏日(?)だよね。

夏らしいコトを何一つやらないうちに、あっという間に9月が終わっちゃったよ・・・ (~_~;)

でも先週は、映画を3本観たよ。

夏らしいコトじゃないけど (^^ゞ

★『STAND BY ME ドラえもん』

泣いちゃったねぇ~ (ToT)

大人が観ても面白い、という評判だったし、観に行った人も「大人向け」みたいなコトを言っていたので、気楽な気持ちで1人で劇場に。

結果、1人で行って良かった・・・ (~_~;)

友達を気にせずに泣けたので (^^ゞ

「泣くのってオカシイのかな?」って思っていたけど、そうでもないようで、でも泣くポイントはそれぞれ人によって違うみたいで。

私は、・・・終わった後トイレの個室に入って、ドラえもんのコトを考えたら、また涙が出てきて  (~_~;)

いったい何に涙しているのか、自分でも分からなくなって、
「最近の疲れで、ちょっと情緒不安定になっているのかなぁ~」
って思っていたんだけど (~_~;)

でもなんか、ドラえもんがそばにいなくて寂しくて、それこそ『STAND BY ME ドラえもん』って感じで (^^ゞ

ドラえもんがそばにいないのは当然のコトですけど (~_~;)

だからドラえもんって、私の中ではきっと”誰か”なんだろうなぁ~、って思っていたんだけど。

この映画はやっぱり大人に観て欲しいね。

特に、智とかにも観て欲しいね。

★『るろうに剣心 京都大火編』

どうしてもね、対戦モノ(?)ですから、エグイ映像が出てくるよね。

が、やっぱりかなり見応えがある!!

これは言葉では言えない、文字では書けないので(?)、観に行ってください!! (^^ゞ

スクリーンに映し出される佐藤健くんのアップは、いつ観ても美しい (#^.^#)

そして、エンディングに流れるワンオクは最高 !(^^)!

『るろうに剣心 伝説の最期編』もお友達と観に行きます (^.^)

★『アナと雪の女王』

3Dを観ていなかったので観てみたんだけど、座席のせいだったのか、2Dの時にすでに映像の美しさに感動していたので、さほどの感動も無かった (~_~;)

でも、もちろん面白かった (^^♪

|

『ピカンチ』シリーズと『LOVE』、成長と振り返り

『ピカンチ・ハーフ』、
ポスターとかで使われている宣伝用の写真から、そんなに『ピカンチ』感(?)を期待していなくて、
観る1週くらい前に『ピカ★★ンチ』を観て、なおさら『ピカンチ』感(?)を期待していなかったんだけど、

2つ前の記事に書いた通り、”ハル”は絶品だった!!

で、『ピカ★★ンチ』DVD ⇒ 『ピカンチ・ハーフ』映画 ⇒ 『LOVE』DVD

を観た順番としては、そんなに違和感がなかったんだけど、

『ピカ☆ンチ』DVD ⇒ 『LOVE』DVD

の順で観たら、

「なんでこの人たち、こうなっちゃったの!?」って。

悪い意味じゃないんだけど、単純にそう思っちゃって (~_~;)
何だかスゴイ不思議(?)で、その落差(?)が激しくて!!!???

『ピカ☆ンチ』の話は、『嵐の宿題くん』くらいまでの『嵐』で、”ニノ催眠”とか、”○っ○○プリン”とか、そんな話題で盛り上がっていた時までだよね (^^ゞ

だから、『ピカンチ』は2部作で終了って感じで、やっぱりイイのかなって。

今回の『ピカンチ・ハーフ』では、5人のその後が描かれているけど、やっぱり『ピカンチ・ターキー』にならなかったのは、やっぱりコダワリというか、やっぱりそれが正解のような気もした。

そして、ちょっとだけ1人”嵐会”(?)を (^^ゞ

1つ前の記事に、カメラアングル選択、について書いたけど、2003年の『How's it going』DVDにも、カメラアングル付きの曲を見付けた。

今ごろ!? (~_~;)

それは、相葉ちゃんソロ曲『夜風』。

カメラアングルは2種類。
簡単に言うと、相葉ちゃんが映っているか映っていないか。

これねぇ、相葉ちゃんが映っていないアングルもイイよ (^^♪

相葉氏撮影の写真に、歌詞の字幕を表示して、相葉ちゃんの歌声。

これ、ホントなかなかイイ 

持っている人は、ぜひやってみて (^.^)

そんなのとっくにやっているよ!、って (~_~;)

『How's it going』DVDの感想は、ここにあります。
良かったらどうぞ (^^ゞ

検証第1弾(2003夏ライブDVDにて)

で、『How's it going』DVDで『La tormenta』を観たら、他のライブでも『La tormenta』が観たくなり、『ARASHI AROUND ASIA 2008 in Tokyo』を再生。

智の胸元に光るローリーロドキン。
すっかり忘れていた感情を思い出したけど、あれから6年。

真実は分からないけど、この6年間、自分にも何もなかった訳じゃないし、人間だものねぇ。
本当に好きな人同士だったら(この時かは分からないけど)、もう別れなくてもイイかな、って思うよ。最近は。

思えるようになったよ。最近は・・・。 (~_~;)

で、続いて、『La tormenta』を観ようと『ARAFES』を再生。

同じ国立だけど、4年前の方がキレがイイね。

でも、智の『Rain』は最高にカッコイイ
この時の智は、やや色黒で短髪黒髪で、男っぽいよね。

大野智が一般人だったら良かったのに、って思う時もあったけど、

独占したい欲望のカタマリから・・・ (~_~;)

でも今は、「あんなに人を魅了するコトが出来る人間が一般人なんてあり得ない」って思うようになったよ。

本当にそう思う。

だからもう、みんなの智で良いし、特別な人だけの智になってもイイと思えるようになった。

そんな2014年、夏のコトです (^^ゞ

|

ハードルを下げるのが得意な男、大野智はズルい!?(注:『ピカンチ・ハーフ』ハルの感想少しあり)

全身から醸し出す雰囲気から、「全力で頑張ります!!」、という気合いが全く感じられない大野智。

なので観ている方も、ちょっと気楽な気分でいると、これが”エライコト”になる。

記憶に新しい(?)←私の記憶ではまだまだ新鮮だけど (~_~;)
『誰も知らない』で『Mステ』に出演した時、
CM明け、歌う前に1人だけ遅れてきて、ヒョコヒョコヒョコと小走りしながらメンバーの元へ。
これには他の出演者も思わず笑顔。

で、なんですか!!

あんなにホッコリさせておいて、「俺は人畜無害だから」みたいな顔して←意味分かんない!? (~_~;)

歌が始まったら、まるっきりそんなホッコリエピソードを忘れさせるくらいの、というか忘れる歌とダンスで、まるで別人というか、カッコイイ大野智しかいない訳で。

で、『BET de 嵐』の”鉄骨渡り”でも、始める前には珍解答(?)を繰り返し、いっきに笑いの渦に巻き込んでおきながら、いざ、挑戦してみると、何とも鮮やかな妙技を披露。

『ピカンチ・ハーフ』のハルを演じるにあたっても、10年という月日の経過に苦戦する感があったようだったけど、スクリーンの中には、もう見事に”ハル”しかいなかった。

1人だけ八塩に残っている”ハル”の変わらずの生活を演じた大野智。
あの見事なまでの”ハル”が、地元に住み続けてる、八塩が地元、という感じを色濃く表現しているようでスッゴク良かった。

フェンスにもうまく上れない”ハル”。
フェンスを越してヨロケテ坂を下る”ハル”。
ヨロケテ坂を下る方が難しそうだと思った瞬間だけ、”大野智”が頭によぎった。
「これは智じゃないとムリかも!?」って。

そして、『ピカンチ・ハーフ』の公開に先立って、7月30日に発売になった『LOVE』コンDVD&BD。

まだDisc1しか観ていないけど、ここにはもちろん”ハル”はいる訳もなく、普段の大野智以上の”大野智”しかいなくて←失礼!? (~_~;)

キラキラでカッコイイ

この大きな振り幅に騙(だま)されながら(?)←智本人はそんな計算はなく、いたってシンプルなんだけど (~_~;)

大野智に癒され、魅了され、時に笑い、時にキュンとして、これが続いちゃうんだろうなぁ~。

と思った今日この頃でした (^^ゞ

|

ルパン3世、実写化配役

一時期、『嵐』の櫻井翔くんが次元役、ってウワサがあったけど、『嵐』ファンの私でも、これにはちょっと反対だったな (^^ゞ

だいたいこれが事実になったら、翔くんがボコボコに叩かれてしまいそうで怖かったよ (~_~;)

もともと、『嵐』に”ルパン”って投影出来なかったんだけど、このころか?、ニノがちょっとルパンぽい(?)髪型してたんだよね←分かる人には分かると思う (^^ゞ

で、ニノってルパンぽい顔してるなって思った時あったよ。
ルパンの目って意外とクリッとしているし、体型もルパンぽいから、イメージに合うな、と。
でも、やっぱりちょっと身長が足んないなぁ~、って思って。

以前、2年前に書いた記事だけど、ルパン3世実写化の配役を考えていた時があったね。

もこみちBirthday と ”ルパン”

ま、記事を抜粋すると、
ルパン三世:速水もこみち
峰不二子:香里奈
次元大介:瑛太
石川五ェ門:松山ケンイチ
というのが、私が考えた配役。

実際の配役は、以下の通り。
ルパン三世:小栗旬
峰不二子:黒木メイサ
次元大介:玉山鉄二
石川五ェ門:綾野剛
銭形警部:浅野忠信

小栗旬くんは、”コナン”の実写化のSPドラマもやっているからね。無難(?)と言えば、無難なのかな。

黒木メイサちゃんは、ちょっとイメージが違うけど、不二子とは違った妖艶さがあるからイイかもね。

玉山鉄二さんの次元はカッコ良さそうだよね (*^^)v

浅野忠信さんは、五ェ門のイメージもあるけど、この配役の年齢からだと銭形なんだぁ、って思ったよ。

だからその五ェ門、私は松山ケンイチくんのイメージがあって。『カムイ外伝』の。←観ていなんだけど (^^ゞ

でも、綾野剛くん、五ェ門役に志願してトレーニングしたみたいだから、楽しみだよね (^_-)-☆

来年夏の公開を楽しみに待ちましょう (^^♪

おっと、もう10時になっちゃう、それでは (^_^)/~

|

8月に観た映画(JFF、謎ディ、ギャッツビー、風立ちぬ)

8月は無意識のうちに(?)、毎週映画を観ていたんだねぇ~ (^^ゞ

◆ジャニーズフィルムフェスタ
タイトルで勝手に ”JFF” って書いてあるけど (~_~;)
この感想はこちら→『ジャニーズフィルムフェスタ2013』

◆謎解きはディナーのあとで
楽しかった♪♪♪
この後にちょっと忙しかったから、何だか感想が吹っ飛んでしまっていたけど (~_~;)
この前、一緒に観た友人とおさらいをして、「あ~、そうだったよね!」ってなった (^^ゞ
二転三転するんだよね。

そう!忙しい撮影の息抜きで翔くんが飲んだといわれている、ラッフルズホテルのシンガポールスリング、私も行った時に飲んだよ (*^^)v
ま、有名だからね。
もちろん、ホテルは違うところに泊まっています・・・ (~_~;)

そうなんだよぉ。豪華客船に乗る機会があったんだけど、その機会を使わなかった・・・。
クルージング期間は3ケ月。
ちょっとしたお手伝いをするために乗り込む予定だったんだけど。
仕事が無い時は、船内で自由に過ごして良くて、寄港の際もその国で自由行動可。
が、その間、日本には帰って来れない。
宿泊は2等(客室じゃないトコロ)で、知らない人と3ヶ月間ずっと相部屋。
最後の2行が悩むところだったんだよね。
当時、このブログを始める前、大失恋して、かなり病んでいたからね (^^ゞ
「よし!行ってやろう!!」とはなれなかった・・・ (~_~;)

でも今思えば、やっぱり行けば良かったと思う。
だって、絶対に一生、客としては自分では行けないと思うから・・・ (~_~;)

ヤバイ!全然『謎ディ』の感想じゃない (^^ゞ

◆華麗なるギャッツビー
アールデコ調の衣装とか好きだし、この映画、もっと早く観ようと思っていたのに、なんかタイミングを逃していたんだよね。
で、「あ、今日、映画観に行こう!」と思い立って行った感じ。
豪華だよね。でも寂しい。悲しい映画だったね。悲恋物語だね。
ストーリーというより、ギャッツビー邸で繰り広げられるパーティーの映像など、3D上映していた時に観たかったね。

◆風立ちぬ
もっと戦争の色合いが濃い映画かと思っていたんだけど、そうじゃなかったね。
情景が本当に綺麗で、絵を描きたくなった。
夕暮れ雲とか、草原とか。
子供が観たら情操教育に良さそうだし、大人が観たらα波が出る感じ。
映画館にいるのに、雄大な景色の中にいた気分になった。
声優陣も本当にピッタリだと思った。
突然の宮崎駿監督の引退が報じられたけど、この映画は私がとやかく言うよりも、映画を観てパンフレットを見て、感じてもらいたい。

|

より以前の記事一覧