« ドラマ『世界一難しい恋』、7話までの感想 | トップページ | ドラマ『世界一難しい恋』、1~8話、柴山美咲、って。 »

ドラマ『世界一難しい恋』、7話ベッドシーンとかの感想。

1つ前の記事に、
7話を観て、とにかく気になるのが鮫島社長の部屋の間取り。
と書いたけど、

なぜって、まさしくそこは鮫島社長の”ホーム”での”試合”になるから。

普通だったら、考えるよね。
食事して団らんして、お風呂入って、その後ちょっとお酒飲んで、で・・・。
ってね。

だから、イイ感じに持っていく場所は、石神さんと並んで座っていたソファーでしょ!!

あの家、テレビが無いのかな!?
普通だったら、あのソファーの正面にテレビがあるだろうけど、
ドラマ的にはあの場所にテレビは無いから、
美咲から借りた落語のCDを2人で聴きながらイイ感じになっていく訳ですよ。
で、そこでKissだよね。

で、何だったら”松潤ばりのソファープレイ”←『失恋ショコラティエ』でのシーンを言っている。(^^ゞ
をしてもイイくらいのソファー(?)だよね!?

で、美咲が
「こんなところじゃなくて・・・」って言って、
零治がさっと美咲を抱きかかえベッドへ。

テレビ誌でコタッキー(←私が勝手に呼んでいる小瀧望くんのコト)が智を軽やかにお姫様抱っこしていたけど、あんな感じに。・・・ならないか!? (~_~;)

で、ちょっと軽く美咲をベッドへ放り投げるようにして、
美咲がハッとした表情をしたトコロで、
零治が服を脱ぎ美咲に近づいていく。

まぁ、ここまでのシーンでイイんじゃないかな。

あのシチュエーションじゃ、キスまで持っていくのは、自然の流れでは出来ないもんね。

意を決した美咲が自分からキスをしようとしたけど、あんな避け方をされたら相当ショックだよね。
私は避けられたコトは無いけど、想像しただけでかなり落ち込むと思う。

鮫島社長って読めないよね。
たぶん、私は付き合えないかな。(~_~;)

周りにそういう人がいるかな、って思ったけど、
”士(さむらい)稼業”の人で、ずっと勉強していて独立して、まぁまぁ稼いでいて、
背も高いし細マッチョでハーフっぽい顔していて、まぁまぁ印象がイイからモテそうだけど、
やっぱり最終的にはモテない人がいたけど、

でもまぁ、お金があるから”高級専門店”に行っているのでもちろん女性経験もあるし、一般の人の口説き方も分かっている。
結局、この人はスッゴク理屈っぽくて男性とか女性でも仕事絡みならイイんだけど、女性がプライベートで付き合うには・・・。って人。

でも、鮫島社長はこのタイプでもないんだもんね。
何だか不思議ぃ~。

でも、鮫島社長も女性経験はあるんだよね!?
とっかかりが自分発信じゃないだけで。
キスは相手からされたコトがあるんだもんね。
そのままの流れで相手に押し切られれば反応せざる負えない時もあるよね!? (^^ゞ

ま、もはや(?)中村アンちゃんとの濃厚なラブシーンが観たいと思っちゃうけどね。 (^^ゞ

魚をサバくシーンとベッドを改造するシーンは、どうしても『大野智の作ってみよう』(in 『嵐にしやがれ』)にしか見えなかったけど。

飼育するコトが好きで、メダカの産卵が楽しみだったりする人が、魚をサバくのかなぁ~、って疑問もあったけど、
改造ベッドでの予行練習のシーンは思いっきり笑わせてもらいました!!! (*^0^*)
そしてお疲れ様でした!! (~_~;)

|

« ドラマ『世界一難しい恋』、7話までの感想 | トップページ | ドラマ『世界一難しい恋』、1~8話、柴山美咲、って。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

大野智」カテゴリの記事