« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

8月30日だよ。

今週は涼しいよね。

でも、10月くらいの陽気とか言ってもそれほど涼しくない感じ。

この前、猛暑の日に、「ダウンなんて着る日があるのか!?」、って思っていたけど、
「あ~、日本って四季あったよねぇ~」って思い出した(?)。

広島での災害があってから10日。

そんな中、アイスバケツチャレンジ、が話題になっていて、賛否両論だよね。

”パン田くん”(@フロムエー)は必要だと思うけど、何もこんな時に日本国内で氷水をかぶらなくてもね。

無駄に流しているその水、その氷、を欲している人がいるだろうに・・・。って。

今日、明日、『24時間テレビ』だね。

これも言ってみれば、”アイスバケツチャレンジ”、だよね。

”パン田くん”(@フロムエー)によって募金が集まるから。

もうすぐ9月。

1年のうちの3分の2が終わっちゃうんだよね。

そんな ”夏の終わりに想うこと”。

松本潤様、お誕生日おめでとう (^.^)

あと3時間で24時間起きていることになっちゃうから、智のコトでも考えながら寝よっと (^^ゞ

|

『金スマSP』を観て、大野智の結婚相手を考える (^^ゞ

さっき、『金スマSP』で、X JAPANのToshIが洗脳されていた過去をやっていたんだけど、怖いよね。信頼しきっていた奥さんにハメられていたなんて。

で、自然と大野智の顔が浮かんできた。

「変な女につかまる前に、信用できる人と早く結婚してくれ!」って。 (~_~;)

だってなんか智、心配・・・。

この前『ピカンチ』の”ハル”を観たのもあるかも知れないけど、絵を買わされたり英会話教材を買わされたり。←”ハル”がね。

芸能界は光と影、浮き沈みが激しいからさ、先輩の中居くんも厳しい表情で再現VTRを眺めていたけど、本当に信用できる人と結婚して欲しいよね。

私ね、実は最近、この人だったら智にイイかな、って思う人がいるんだよね。

えっ?何の権限!?、親族かなんかですか!!!???、って? (~_~;)

いやいやもちろんそうじゃないけど (^^ゞ

もうすでに出会っている人です。
以前の共演について、その女性の母親にも感想を聞いたりして。
※感想を聞いているのは、相葉ちゃんでした (~_~;)

ここでもう大体のアラシックは分かるコトでしょう・・・ (^^ゞ

そう、”アナ雪”、で大活躍と言えば、神田沙也加ちゃん。

神田沙也加ちゃん、意外とオタクっぽいトコロがあるみたいで、なんか合うかな!?、って。 (^^ゞ

智の舞台もそろそろ観たいし、舞台で共演すると結婚とか交際とかの率が高くなるから、まずは舞台での共演ですよ。

でもまぁ、今のこの2人の共演、チケットが本当に取れ無さそうでイヤだけどね・・・。

何の話も無いのに、もはやチケット落選を考えている (~_~;)

神田沙也加ちゃんだったら出所がハッキリしているし、実力もあるし、可愛いし、私は安心です (^.^)

えっ?、だから何の立場かって!? (~_~;)

智の幸せを願うファンです・・・。 (*^^)v

なんか『嵐』には40歳までには全員結婚して欲しいな。
なんでだか分かんないけど、この前、そう思ったんだよね。

神田沙也加ちゃんとだったら、そんなに待たせちゃ可哀想だから、あと3年くらいで結婚でもイイけどね。

※もちろんまったくの私の妄想です!!何の事実もありません!!!

ま、智があと3年で結婚したら、驚きだけどね。 (~_~;)

|

【『嵐』の国立ライブの写真集】※追記あり

パッと見は辞書、またはハードカバーの洋書に見えるよね。

この前、洋服の整理をしていて、ダウンを見た時、

「こんなの本当に着る時があるの!?」
って、思わずなんか笑っちゃったんだけど (~_~;)

そう思うほど、本当に毎日暑いよねぇ~ (ーー;)

そう、そういう時は、”辞書”を持って図書館に行こう !(^^)!

片手に持ってページをめくっている姿は、立派に勉強している姿に見えるよ (^^ゞ

読書感想文にも使えるよね!?、たぶん?

大学の授業の題材にも取り上げられた人たちの本なんだもん。
小学校の先生なら、きっと分かってくれる(?)

保証しませんけど・・・ (^^ゞ

あんなにぶ厚い写真集、あのページ数であの紙質、パラパラ漫画ならぬ”パラパラ写真集”したいよね。

えっ?私だけ!? (~_~;)

ずいぶん前に書いたコトがあったけど、”パラパラ智くん”、なんか楽しくない!?

1枚1枚の写真をじっくり見られる上に、パラパラすると智が動くんだよ。
ね?、これ、楽しいでしょ!?

誰に言っている? (~_~;)

巻末のトークページ、電車の中で読むとかね、”ながら”が出来ないもんね (~_~;)

出来れば音声が良かったな、”ながら”が出来るから。

いやでも違うんだろうねぇ。
6年分の国立ライブDVDを手元に用意して、ページをめくりながら一緒にDVDを再生し、『嵐』との座談会を楽しむ。
って、感じなんだろうなぁ~。

大体まだ全部読んでいないし、そのうち、そうやって座談会に参加している気分で読んでみたいと思いま~す (^0^)/

※2014.8.21(木)20:22追記

まだ読んでいないBWからの国立ライブDVDを手元に置き、座談会記事を読み、DVDを再生してみたよ。

うん、やっぱりそれ、面白いよ (^^♪

でも、安心しちゃいけない!
DVDは国立ライブの6本じゃ足りないんだから・・・ (~_~;)

『ARAFES’13』の記事を読み始めると、いきなり、2006年の話が出てくるから!

で、『ARAFES’13』の記事&DVD再生よりも、そっちのDVDを再生したくなるから・・・ (~_~;)

今日はもう、その若かりし日の『嵐』を観て止まっちゃったよ (^^ゞ
やっぱり智のダンスって、2007年くらいからちょっと変わったかな!!!???

あ~、小学校の時の夏休みみたく、漫然と(?)暑い夏の日々が過ぎていくんだったらいいんだけどねぇ~。

そんな風に過ごしていたら痛い目に合うのは自分だからね、大人になったら・・・ (~_~;)

じゃ、この辺で (^^)/~~~ (^^ゞ

|

『ピカンチ』シリーズと『LOVE』、成長と振り返り

『ピカンチ・ハーフ』、
ポスターとかで使われている宣伝用の写真から、そんなに『ピカンチ』感(?)を期待していなくて、
観る1週くらい前に『ピカ★★ンチ』を観て、なおさら『ピカンチ』感(?)を期待していなかったんだけど、

2つ前の記事に書いた通り、”ハル”は絶品だった!!

で、『ピカ★★ンチ』DVD ⇒ 『ピカンチ・ハーフ』映画 ⇒ 『LOVE』DVD

を観た順番としては、そんなに違和感がなかったんだけど、

『ピカ☆ンチ』DVD ⇒ 『LOVE』DVD

の順で観たら、

「なんでこの人たち、こうなっちゃったの!?」って。

悪い意味じゃないんだけど、単純にそう思っちゃって (~_~;)
何だかスゴイ不思議(?)で、その落差(?)が激しくて!!!???

『ピカ☆ンチ』の話は、『嵐の宿題くん』くらいまでの『嵐』で、”ニノ催眠”とか、”○っ○○プリン”とか、そんな話題で盛り上がっていた時までだよね (^^ゞ

だから、『ピカンチ』は2部作で終了って感じで、やっぱりイイのかなって。

今回の『ピカンチ・ハーフ』では、5人のその後が描かれているけど、やっぱり『ピカンチ・ターキー』にならなかったのは、やっぱりコダワリというか、やっぱりそれが正解のような気もした。

そして、ちょっとだけ1人”嵐会”(?)を (^^ゞ

1つ前の記事に、カメラアングル選択、について書いたけど、2003年の『How's it going』DVDにも、カメラアングル付きの曲を見付けた。

今ごろ!? (~_~;)

それは、相葉ちゃんソロ曲『夜風』。

カメラアングルは2種類。
簡単に言うと、相葉ちゃんが映っているか映っていないか。

これねぇ、相葉ちゃんが映っていないアングルもイイよ (^^♪

相葉氏撮影の写真に、歌詞の字幕を表示して、相葉ちゃんの歌声。

これ、ホントなかなかイイ 

持っている人は、ぜひやってみて (^.^)

そんなのとっくにやっているよ!、って (~_~;)

『How's it going』DVDの感想は、ここにあります。
良かったらどうぞ (^^ゞ

検証第1弾(2003夏ライブDVDにて)

で、『How's it going』DVDで『La tormenta』を観たら、他のライブでも『La tormenta』が観たくなり、『ARASHI AROUND ASIA 2008 in Tokyo』を再生。

智の胸元に光るローリーロドキン。
すっかり忘れていた感情を思い出したけど、あれから6年。

真実は分からないけど、この6年間、自分にも何もなかった訳じゃないし、人間だものねぇ。
本当に好きな人同士だったら(この時かは分からないけど)、もう別れなくてもイイかな、って思うよ。最近は。

思えるようになったよ。最近は・・・。 (~_~;)

で、続いて、『La tormenta』を観ようと『ARAFES』を再生。

同じ国立だけど、4年前の方がキレがイイね。

でも、智の『Rain』は最高にカッコイイ
この時の智は、やや色黒で短髪黒髪で、男っぽいよね。

大野智が一般人だったら良かったのに、って思う時もあったけど、

独占したい欲望のカタマリから・・・ (~_~;)

でも今は、「あんなに人を魅了するコトが出来る人間が一般人なんてあり得ない」って思うようになったよ。

本当にそう思う。

だからもう、みんなの智で良いし、特別な人だけの智になってもイイと思えるようになった。

そんな2014年、夏のコトです (^^ゞ

|

『LOVE』コンDVDを観て、残念に思ったコト

ようやくDisc2を観たんだけど、

★『Tears』

智のアップがフレームアウトしているトコロがあるんだよね。
あれって製品としてどうなの!!!???

左側に何か映すべき対象があるならまだしも、何もないんだよ。
もうちょっと右にカメラを構えれば智の顔が全部映るのに!!
ど素人が撮影している訳じゃないんだろうから、映している時に分かるよね!?

「えっ!?何これ!!不良品だ!!!」って思ったもん (ーー;)

そのあとの松潤のキレイな横顔のアップで気持ちは紛れ、再生は続いていったんだけど・・・  (~_~;)

★『迷宮ラブソング』

智ソロ
♪生まれる前から知っていたような~♪

これが歌い終わる前に、智のアップから全体の引き画に変わる。

せ~っかくイイ気分で聴いているのに、そして観ているのに、
「なんでこのタイミングで!!??」って感じ。

Disc1では、

★『EYES WITH DELIGHT』

皆様、引き画が多すぎるなど、色々な不満もあるようなので、

やっぱり、いざッ、Now』DVDのEYES WITH DELIGHT』みたく、カメラアングルを付けたらどうなんだろう。

前にも何回か書いているので、今回はカメラアングル選択が出来るかな、って期待したけど、やっぱり出来なかった・・・。

この曲だけじゃなくて、全部に付けてくれたら嬉しいよね (^0^)/

|

ハードルを下げるのが得意な男、大野智はズルい!?(注:『ピカンチ・ハーフ』ハルの感想少しあり)

全身から醸し出す雰囲気から、「全力で頑張ります!!」、という気合いが全く感じられない大野智。

なので観ている方も、ちょっと気楽な気分でいると、これが”エライコト”になる。

記憶に新しい(?)←私の記憶ではまだまだ新鮮だけど (~_~;)
『誰も知らない』で『Mステ』に出演した時、
CM明け、歌う前に1人だけ遅れてきて、ヒョコヒョコヒョコと小走りしながらメンバーの元へ。
これには他の出演者も思わず笑顔。

で、なんですか!!

あんなにホッコリさせておいて、「俺は人畜無害だから」みたいな顔して←意味分かんない!? (~_~;)

歌が始まったら、まるっきりそんなホッコリエピソードを忘れさせるくらいの、というか忘れる歌とダンスで、まるで別人というか、カッコイイ大野智しかいない訳で。

で、『BET de 嵐』の”鉄骨渡り”でも、始める前には珍解答(?)を繰り返し、いっきに笑いの渦に巻き込んでおきながら、いざ、挑戦してみると、何とも鮮やかな妙技を披露。

『ピカンチ・ハーフ』のハルを演じるにあたっても、10年という月日の経過に苦戦する感があったようだったけど、スクリーンの中には、もう見事に”ハル”しかいなかった。

1人だけ八塩に残っている”ハル”の変わらずの生活を演じた大野智。
あの見事なまでの”ハル”が、地元に住み続けてる、八塩が地元、という感じを色濃く表現しているようでスッゴク良かった。

フェンスにもうまく上れない”ハル”。
フェンスを越してヨロケテ坂を下る”ハル”。
ヨロケテ坂を下る方が難しそうだと思った瞬間だけ、”大野智”が頭によぎった。
「これは智じゃないとムリかも!?」って。

そして、『ピカンチ・ハーフ』の公開に先立って、7月30日に発売になった『LOVE』コンDVD&BD。

まだDisc1しか観ていないけど、ここにはもちろん”ハル”はいる訳もなく、普段の大野智以上の”大野智”しかいなくて←失礼!? (~_~;)

キラキラでカッコイイ

この大きな振り幅に騙(だま)されながら(?)←智本人はそんな計算はなく、いたってシンプルなんだけど (~_~;)

大野智に癒され、魅了され、時に笑い、時にキュンとして、これが続いちゃうんだろうなぁ~。

と思った今日この頃でした (^^ゞ

|

「ラ~ァヴッ」←『LOVE』を発音したつもり (~_~;)

今日から8月ですねぇ~。

って、日付が変わっちゃったけど・・・ (~_~;)

ボチボチと『LOVE』コンDVDに浸っていこうと思っています (^^ゞ

初回のジャケット、角度によって口(くち)が動くんだね。

一緒に自分の口も動かしたくなるでしょ!?

えっ?、私だけ!? (^^ゞ

あれ、ラヴ、って言ってるんだよね!?

”ヴ”の最後の口が、真ん中にハートがあるみたいでカワイイ (*^0^*)

で、”ラヴ”の発音で思い出すコトが2つ。

1つ目は、智のラジオでリスナーから、正しい発音を教えてください、的なコト。

2つ目は、『ネプリーグ』で北川景子ちゃんが流暢に発音したコト。

北川景子ちゃんが流暢な発音をするたびに、なぜか(?)Pが浮かんできた (~_~;)

今、深夜に英語の番組やっているしね、P。

Pたちの動向って、どうなのかな!?

他も何だか、気にし始めたらキリがないけど (~_~;)

ま、真相はどれもこれもよく分かんないけど、皆さん、愛のある行動を。

LOVEですよ、ラ~ァヴッ

|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »