« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

大野智の○○○○が好き (#^.^#)

皆さんは、○○○○、の中に何を入れますか

まなざし、微笑み、歌声、耳たぶ、くちびる、髪の毛、二の腕、腹筋、背筋、手の指、手のひら、手の甲、足首、くるぶし、太もも、etc・・・。

私は、・・・・。

安心してください!?

上半身ですよ (^^ゞ

これは、『ワクワク学校』に行った当日にも思っていたんだけど、

その後、雑誌やTVで観てもやっぱり思ったんだよ。

たぶん、智のTシャツの襟ぐりが、他の人よりちょっと広いのかな!?

無造作に開いているジャージの胸元。

Tシャツから覗く、そう、”デ・コ・ル・テ”、です (^^ゞ

”デコルテ”って言うほど露出はされていないんだけど、

何だか、あのジャージとTシャツから覗く胸元、というか首から鎖骨あたり(?)、

だから、”デコルテ”、でもないんだけど、

ま、なんか、あの智を観るとキュンってきちゃうんだよね (*^^)v  (^^ゞ

|

キムタク、『HERO』で ”腐っても鯛”!?

昨日、21:00からフジTVで始まった木村拓哉主演ドラマ『HERO』。

初回視聴率が26.5%で、今季ドラマの最高記録を樹立。

何だかんだと言っても今のところはまだ、リアルタイムで視聴している数字を集計した結果が、そのドラマへの”評価”ともなる。

では、この視聴率の内訳は果たして、

13年前の小中高生で、当時『HERO』を観ていた人達が20代30代となり、その層も取り込めたのが強かったのか、

はたまた、当時20代30代の人達、『anan』の”抱かれたい男”No.1に輝き続けたキムタクを、肌で(?)感じてきた世代の指示が強かったのか、

いやいや、ジャニーズの相手役も多くこなす北川景子の加入が大きかったのか、

そうではない、やっぱりこの作品に意味がある。

と、色々なコトが考えられるが、そのすべてが揃ったのかも知れない。

番宣で出演した『食わず嫌い』や『ネプリーグ』では、北川景子や他の出演者との掛け合いも絶妙で、現場でも団結している状況を思わせた。

2009年のドラマ『月の恋人』で共演している木村拓哉と北川景子だが、2人の性格上(?)、『HERO』での共演の方がハマったのかも知れない。

同じ演技しか出来ないと言われた時期もあったキムタクだが、やはり一時代を築いたカリスマ、”腐っても鯛” ならぬ、”年をとってもキムタク” というコトになるのか!?

13日(日)21:00~、TBSで田村正和さんが主演したドラマが、昨夜放送の『HERO』の前までは今季最高視聴率だった。
やはり年を取っても”田村正和”ブランドは顕在していた様子。

ここまでのブランド力を保ち続けられるかは分からないが、2話以降の『HERO』にも期待したい。

|

『音楽のちから』ジャニーズシャッフルメドレー、感想

★Real Face(2006年)
・三宅健 ・松本潤 ・手越祐也 ・丸山隆平 ・薮宏太 ・知念侑李

階段上にいた松潤が、最初、中島健人くんに見えた。
髪型とあの衣装のせいだと思うけど。
でも、『SexyZone』は出ていなかったんだもんね (~_~;)
丸ちゃんのラップも良かった♪

★希望~Yell~(2004年)
・松岡昌弘 ・森田剛 ・櫻井翔 ・横山裕 ・伊野尾慧 ・岡本圭人

翔くんの後ろに伊野尾くんがいて、伊野尾くん”売り”にはイイんだけど、やっぱり翔くんの顔が大きく見えちゃうので、翔くんよりも年上の松岡くんの隣が良かったかなぁ・・・ (~_~;)

★Ultra Music Power(2007年)
・国分太一 ・長野博 ・二宮和也 ・渋谷すばる ・錦戸亮 ・上田竜也

最初の方の『流星の絆』ショット、良かったよね (^.^)
太一くんの個性的なダンスパフォーマンス・・・ (~_~;)

★好きやねん、大阪(2005年)
・山口達也 ・井ノ原快彦 ・中丸雄一 ・八乙女光 ・有岡大貴

このチームには、あんまり感想が出てこないかな (^^ゞ
特に印象に残ることもなく、可もなく不可もなくって感じ (~_~;)

★Love so sweet(2007年)
・長瀬智也 ・岡田准一 ・加藤シゲアキ ・大倉忠義 ・田口淳之介 ・山田涼介

イケメンズこのチームが一番好き (*^^)v (^^ゞ
各グループ、この歌に合う人選をした感じかな!?
この前ブログに、小柄で綺麗な顔のあまりに(?)、山田くんが生理的に好きじゃないかも!?って書いたけど、このチームの山田くんは好きかも!? (^^ゞ
周りにこのくらいキレイな顔で囲まれていれば、山田くんの綺麗な顔が何だか目立たないからかな!? (~_~;)

★WAになっておどろう(1997年)
・城島茂 ・相葉雅紀 ・増田貴久 ・安田章大 ・高木雄也

センターで、白い衣装で長身スリムの相葉ちゃんが目立つね (^_-)-☆
振りも、付け焼刃(つけやきば)じゃなくて、年季が入っている感じだもんね。
城島くんが抜けて4人で踊っているトコロなんか、普段の『嵐』の時よりもキレキレな感じだったよね!? (^.^)

★AMBITIOUS JAPAN(2003年)
・坂本昌行 ・大野智 ・小山慶一郎 ・村上信五 ・亀梨和也 ・中島裕翔

やたら人数が多いと思ったら、TOKIOが演奏してたんだね。
長瀬くんと亀ちゃんのツーショットはカッコ良かった。
歌唱力が安定している人たちを集めたのかな!?
智の顔がこわばってて、何だか浮いちゃっている感じがしたけど、ソロのトコロは良かったね (#^.^#)

|

分かったよ!『嵐』の”こじんまり”は、20周年に向けてになったんだよ!?

10周年前後から人気が爆発的になった『嵐』。

そう思えば、そこからたった5年。

この5年で人気が落ち着く訳もなく。

30オーバーになってもカワイイ顔と、30オーバーだから出せる色気と。
松潤なんか、若い時のトゲトゲしさがなくなって、”まろやかオーラ”を放ち始めてきたし・・・。

なんだかファンは上の方にもドンドンと増大してきていて。

だからもう、15周年で ”こじんまり” は無理だと気付き、20周年には本当のファンと ”こじんまり” 出来るように、今年はファンを淘汰しよう!、という結論になったに違いない!!

もちろん、私の憶測に過ぎませんけど (~_~;)

事務所そして『嵐』、そのスタッフが求める『嵐』ファンは、

時間があって金がある

いつも『嵐』を最優先に考えてくれて、そして何の迷いも無く大金をハタイテくれる人。
これが、”理想のファン像”。

※もちろん、私の憶測です (^^ゞ

このために今年があるんだよ・・・。

時間を使って、お金を使って、たどり着いた先に『嵐』との ”こじんまり” がある。

これもあくまでも私の憶測です・・・ (~_~;)

では、またの機会に (^_^)/~

|

『ガムシャラ!』な君たちはカッコイイ!!

タイトルの通りなんだけど、

ジャニーズJr.の奮闘記録を放送しているような感じの番組『ガムシャラ!』。

つくづく、「”ジャニーズ”は1日にしてならず!」って思うよね。

現在は、我・武・者・羅、の各チームが、本番に挑むまでの姿が放送されている。

全員が素晴らしく輝いていてカッコいんだけど、今回は、

自主練をしている井上瑞稀くんを見付け、
逆手招きをして呼び寄せる神宮寺勇太くん。

「1人でやんなよ。おまえ。」

「恥ずかしがり屋か?」

この一連の流れがスッゴクカッコ良くて
ジェシーの壁ドンよりキュンとしちゃった (^^ゞ

|

ポスト『嵐』!?、『Hey!Say!JUMP』 VS 『SexyZone』

約1年前に、

『嵐』の次に来るグループは?予測不可能、意外な展開になるかも!?

というブログ記事を書いているけど、

このあとに、ドラマ『半沢直樹』での中島裕翔くん(『Hey!Say!JUMP』)の出演シーンが終わってしまい、何となくアピール不足でお茶の間に浸透するまでにはならなかった。

が、ドラマ『弱くても勝てます』で準主演のような感じで好演技を見せ、今回、ドラマ『水球ヤンキース』で初主演を務める。

さて、話は少し変わるが、今のジャニーズアイドルにファンが求めているモノは、”クールでカッコイイ”ことよりも、”親しみやすくてカワイイ”ことのようだ。
※ジャニーズらしいカッコ良さは必要!

タレントがいつ、その”カワイイ”を発揮するかは未知数で、10年前の『嵐』に”カワイイ”という感情があったかと言えば、そうでもなく、でも今は、5人に”カワイイ”愛らしさを感じる。

家族愛に変わってきている!? (~_~;)
いやいや、智にだけはそんな(?)感情は抱けない・・・ (^^ゞ

『Hey!Say!JUMP』は、デビューして7年目。
ファンでなくても何となくジャニーズにこういうグループがいるって分かっているコトが重要。

ただ、『嵐』に比べると人数が倍近く。
だから、キラキラ王子様キャラの中島健人が所属している5人組グループ『SexyZone』に目を奪われがちになる。

でも最近、『SexyZone』が3人組になるのでは!?、解体するのでは!?、というウワサもあり、なかなか難しい。

中島健人くんが海外ロケをした番組を2つ観たけど、ま~ったく違和感なく、山赤が必死に挑戦している海外への道を難なく突破してしまいそうな勢いを感じた。
「やっぱり平成生まれは違うなぁ~」って (~_~;)

これでマリウスがいれば、すぐにではなくても、『SexyZone』が海外で活躍する場が多くなるのでは!?、と思ったけど。
だから、『SexyZone』は解体しない方がイイと思う。

そして、キスマイからのユニット『舞祭組』が出来る前から思っていたことだけど、ポスト『嵐』として『Hey!Say!JUMP』を押し上げるには、やっぱりグループを2分化するコトだと思う。

今までも”7”と”BEST”があったと思うけど、これからは見た目印象で”クールでカッコイイ”チームと、”親しみやすくてカワイイ”チームに分けて、名前を覚えてもらうことが先決。

”クールでカッコイイ”チームは、
山田涼介、高木雄也、藪広太、岡本圭人

”親しみやすくてカワイイ”チームは、
知念侑李、中島裕翔、有岡大貴、八乙女光、伊野尾慧

”クーカッコイイ”チームと、”シタカワ”チームの対極を打ち出すような楽曲を用意し、まったく違うカラーのグループとして活動。また時に、9人での曲をリリース。

要は、『KAT-TUN』と『嵐』が同じグループにいるような感じ。

そして、10周年には、この2チームと、全員が合体したグループと、ファンは3度おいしい、と思えるような演出のコンサートを!!

仲がイイ、っていうのは売りになるけど、対立、っていうのも売りになると思う。
別に本当に対立する訳ではなく、人数が多いから出来る演出だと思うから。

今は、”親しみやすくてカワイイ”、がウケているけど、数年前は”クールでカッコイイ”、の方がウケていた訳だし、この先どっちがウケるかは正直分からないけど、この戦法だとどっちに転んでもグループ全体は助かるよね (^_^)

~~~~~~~~~~~~~

この記事を書いてから約2年。
2016年6月。

だいぶ状況は変わってきているね。

『Hey!Say!JUMP』は、
去年、『嵐』と『ワクワク学校』で共演したり、『V6』と一緒に『24時間テレビ』のメインパーソナリティを務めたりして、すっかり弟ポジションがハマり(?)、以降、個々の活躍も増えてきて、順調に伸びてきている。

私が推していた中島裕翔くん。
カトシゲ原作映画の主演に続き、7月ドラマの主演に!!
が、ちょっとお騒がせするコトもあったね。
それが、どう影響してくるか・・・。

『Hey!Say!JUMP』を2つのグループに分けて活動したり、合同で活動したりする(要は、『KAT-TUN』と『嵐』が同じグループにいるような感じ)案を書いているけど、
これに似たようなイメージで『Mr.King』&『Mr.Prince』が結成されたね。
ただ、”キンプリ”の場合は、グループカラーが似ちゃっているけど。
で、もはや『Mr.King』推しが目に見えて分かるけど。
でもやっぱりパフォーマンスのクオリティを考えるとそうなっちゃうのかな・・・。
とも思う。
でも、私は『Mr.Prince』推しだけど。(^.^)

『SexyZone』は、
3人体制が終わり(?)、5人組での活動に戻った。

が、『KAT-TUN』は3人体制になり、グループでの活動は休止に。

舞祭組』の活動は停滞!?停止!?、
かは分からないけど、プロデューサー自身に余裕がなくなる状況が起きたからね。

たかが2年。されど2年。

4年後のオリンピックの時には、また状況が変わっているだろうなぁ~。
〔 ま、私も含めて・・・!? (^^ゞ  〕

|

視聴率って何?いや、視聴率って意味あんの!?

春ドラマが終わって、もう夏ドラマだね。

春ドラマで”つまみ食い”ならぬ”つまみ観(み)”していたドラマは、いくつかあるけど、結局、全編観たのは、

『死神くん』と『ファースト・クラス』だけだね (^^ゞ
どちらもリアルタイムで観ていないけど (~_~;)

『弱くても勝てます』は最終回はリアルタイムで観た!!
全編BDに録画保存してあるから、いずれちゃんと観るよ。

『ファースト・クラス』は、中丸くんが出演しているってコトを知らずに観て、あんまりドラマの邪魔になっていなかったから良かったと思った (~_~;)

『SHARK~2nd Season~』は、途中抜けたけど、やっぱりこれも観ると面白い!
来週最終回だから、きちんと予約した!! (*^^)v

で、この日、『ガムシャラ!』と放送時間がカブルんだよね。
深夜帯とは言え、同じ出演者が丸かぶりの番組同士でカブルとは・・・。

”少クラ”とかで見せるジャニーズアイドルの顔より、『SHARK~2nd Season~』の方がみんなカッコイイよね (^.^)
と、私は思う。

で、結局、リアルタイムで観ないと視聴率には反映しない訳で、
で、全世帯の視聴状態が反映されている訳じゃないんでしょ!?
その比率とかで計算しているんだよね!?

だいたい、リアルタイムで観るメリットって何だ!?
って感じでしょ!?
データ連動で楽しむ方法はあるけど、それに興味が無かったら、録画して自分が都合の良い時に観た方がよっぽどイイよね。

特に自分の好きなタレントが出る番組は、録画して観た方がじっくり観られてイイもんね。

だからやっぱり視聴率って、今の時代に意味あんの!?、って感じがしちゃう。
特にドラマなんかそう思うよ。

じっくりとTV前に陣取って、そのドラマの放送時間にしっかりと観る、っていうのは、世の”お父さん”くらいじゃないの!?
って、思ってしまうけど・・・。

ま、智が生放送出演する番組は、出来る限りリアルタイムでは観るけどネ (^_-)-☆

|

小柄でキレイな顔のジャニタレが好きじゃないみたい!?

今朝の車の中、『NEWS』の手越くんが何やらサッカー番組のMCをしているトコロをチラ見し、
「えっ?もしかしてメインMC!?」と思ったまま追求せず現在に至る。

その後、用事を済ませ本屋へ。

『Hey! Say! JUMP』の山田くんが表紙の雑誌があり確信した!!??

私はこの2人があまり好きじゃないコトを! (~_~;)
別に嫌いでもないんだけど・・・。

この2人の共通点と言えば、小柄でキレイな顔をしているコト。

でも、なんで何だろう、ダイバーズ雑誌の表紙を飾る”ヤス”は嫌いじゃない。
どちらかと言えば、好きなほう

智だってニノだって、小柄でキレイな顔をしているんだけど違うんだよね。

手越くんと山田くんは、女の子みたいな顔をしているからかな!?

カワイ過ぎて嫉妬している!?
いやいや、それは無いと思うけど・・・ (~_~;)

性格とか歌とかダンスとか演技とか、そういったコトではなく、
そういったコトは逆にイイと思うんだけど、
性格はよく分かんないけど (^^ゞ

なんでかなぁ~、本当になんでかなぁ~、
何となく生理的なコトなんだよね (-_-;)

生田斗真くんの新作主演映画『グラスホッパー』に、山田くんが出演すると分かって、なんでかなぁ~、やっぱりちょっとワクワク感が半減した・・・。

もう少し前にさかのぼれば、去年の『24時間TV』内の大野智主演ドラマ『今日の日はさようなら』に山田くんが出演すると分かって、本当になんでかなぁ~、気持ちが半減した・・・。

山田くんは何も悪くない、本当に何も悪くない。

きっと智のコトだって、ニノのコトだって、生理的に好きじゃない、って人だっているはずだから。

ちなみに知念くんは好きなほう

なんだろうね、私の基準 (~_~;)

そう、それで言うなら、B'zの稲葉さんの顔が好きって言うなら、

(一瞬、怖そうで近寄りがたい感じだけど笑顔がスゴク爽やか)

ジャニーズだったら藤ヶ谷くんじゃないの!?
って自分でこの前ツッコんだよ! (^^ゞ

ま、なんか直観だよね、特にタレントに関しては。
会って話すわけじゃないしね。

|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »