« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

初!、『U-KISS 』ライブ

月曜日、ZeppTokyoで開催した『U-KISS 』の追加公演ライブに行って来た。

が、自分が『U-KISS』に行くのか、『2PM』に行くのか、良く分かっていなかった (~_~;)

失礼な話だよね・・・ (~_~;)
『嵐』と『関ジャニ』の区別が付かないまま、どちらかのライブに行っているようなもの・・・。

『U-KISS』は、『ALONE』しか知らなかったんだけど、予習しなくても覚えやすい曲調で、歌詞が表示されるので、次からはすぐに口ずさめる (^-^)v

K-POP全般だけど、ダンスがキレキレで歌が上手くて、とにかくカッコイイ (*^^*)
バラードもイイし、日本語も上手でMCも面白い o(^o^)o

MCで出てきた用語(?)に ”キスミー” があって、何度もキリショーが頭をよぎった (~_~;)
『U-KISS』では、ファンのことを”キスミー”というらしい。

そして同じくMCで、「いいねぇ~」を持ち言葉(?)にしているメンバーがいて、「あれ?このフレーズ聞いたことあるな」と思ったら、『家族ゲーム』の吉本と同じ言い方。

それを真似しているのか、たまたま日本語を発したらそれっぽく聞こえたのか、どちらかだかは分からない (^^ゞ

”金爆”のショーさん、『嵐』の翔くん、ダブルで〔翔〕を思い出していたひと時でした (~_~;)

そして、”チョコ”という言葉も出てきたんだけど、これはどうやら、板チョコのように割れた腹筋のコトをいうらしい。

ライブは、1時間半で一度ハケて、アンコール入れて2時間10分位だったかな。

誰が誰だか分からないまま行ったけど(^^ゞ、スッゴク楽しかった (^o^)/

ライブハウスは、体に音が感じられるところがイイよね (^_-)-☆

K-POP、超新星やキム・ヒョンジュン、『K-THEATER』にも行っていた時があったけど、ハマりそうでハマらないんだよねぇ~ (^^;)

K-POPライブはJ-POPライブより割高な感じがするけど、また小さい会場でやっている時に行く機会があったら、『U-KISS』に行ってみたいと思った。

|

松潤、お誕生日おめでとう!!

そのストイックな姿勢。

その挑発的な視線。

その瞳の中にある優しさ。

30代になって、ますます魅力が増していくように思います。

これから、そしていつまでも、輝くJを見ていたいです。

|

ただのつぶやき

去年、普通にやっていたコト。

その記録を見て、自分で感心する (~_~;)

人間、思い込みとヤル気があれば、結構出来るコトが多い。
そう、再確認する。

朝晩涼しいけど、もうだいぶ暑いね (ーー;)

毎日が ”人生”、この一瞬が ”人生”。

そう思っても、忘れることの方が多い。

じゃ、今日も ”人生” 刻んでいきます! (~_~;)

|

みなさ~ん、『24時間テレビ36』観てますか?

私は、Johnny's web から昼過ぎに届いた智のメール頃に起きて (^^ゞ
智のメールの件名「起きてますか~(笑)!?」に、苦笑いをし (~_~;)
そこからはほぼ、リアルタイムで観ています・・・ (^^ゞ

昨日は大野智主演ドラマ『今日の日はさようなら』を再生して、それ以降も、潤・翔・雅紀、が出演している『じゃべくり007』まで飛ばし飛ばし観て、そこからお風呂に入って、もう、どうしようもなく眠いのに、TVを点けたら大宮が映っていたから、”ものまね天気予報”を観てから寝た (~_~;)

只今、『笑点』だけど、テレ朝では『相葉マナブ』が放送中!
かぶらないようになっているんだね。

あっ、『笑点』終わっていた。
間寛平さんが走っているね!

6分05秒79
マスターズ日本新記録達成!!!

素晴らしい!!

マラソンの大島さん、苦しそうだけど、頑張り過ぎずに頑張って欲しいな。
難しいけどね。
時間内にゴールしたいとは思うけど、時間内じゃなくてもイイかなって思うよ。
無理せずに着々と進めば、ゴールは近くなっているんだからね。
時間はともかく、ゴール出来ることを、みんな信じていると思うから。

|

『24時間テレビ36』まであと3時間半くらい。

どうやらすでに武道館ではすごい行列みたいで・・・。

去年は募金に行ったりしたけど。

『24時間テレビ35』

今年は、なんかそんなモチベーション(?)でもなく・・・。

6月に『ワクワク学校』にTシャツを着て行ってから、すでにそこで完結している気分にしばらくなっていて・・・ (~_~;)

昨日、ようやくディスク容量を、140GBくらいは空けたから大丈夫なんだけど。

これから出掛けて(『24時間テレビ』とは関係なく)、たぶん智のドラマが始まるまでに帰って来れないな。
智のドラマの時には、家にいたかったんだけど・・・。

『嵐』のコトは好きだけど、『嵐』とは違う人生(?)を、違う時間か?、を送っていくこと、『嵐』に寄り添わずに時間を過ごしていくことに抵抗(?)は無くなったかな。

自分は自分の時間の中で過ごしていく。

ま、当たり前だけどね、仕事を放りだして『嵐』を追っかけてはいられない。

では、皆さん、それぞれの時間を有意義に過ごしましょう!

『24時間テレビ』、楽しみにしています!!

|

櫻井翔の恋愛観とファミレス(2013.4.11『はなまるカフェ』)

この日の『はまなるカフェ』のコト、その日にブログに書いていたが、まったく翔くんの恋愛観については書いていない・・・ (~_~;)

翔くん in 『はなまるカフェ』 + ちょっと智

で、レコーダーの容量整理をしていて、←何のためか皆さんはお分かりでしょう (^^ゞ
消す前に一度観たら、昨日UPした翔くんの”理想のタイプ”とは掛け離れていので、思わずUPしたくなった・・・ (^^ゞ

Q1.好きな女性のタイプは?

A1.
本当にこー普通の気取らない感じの人がイイですけどね。
笑顔が印象的、可愛らしい笑顔の人。

※『ほんまでっかTV』でも、笑顔が可愛い人、っていうようなことを言っていたと思うけど。

Q2.理想の付き合い方は?

A2.
お互いが成長できる、刺激を受けて成長できる、あれいらない。
好きだから一緒にいる、一緒にいたいから一緒にいる、という動機しかない。
何かを求めることはない。

※『ほんまでっかTV』で挙げた理想のタイプ6カ条は、番組の演出上必要で、”よくよく掘り起こして見るとこんな感じかな”、って感じだったのかな!?と思う。

この時、ファミレスに凝っている、っていう話が出ていたけど、たぶん、一人鍋とカレーバーがある店は違うんじゃないかな、って思う。

カレーを食べる店でサラダバーがあるところは知っているんだけど、翔くんいわく、
ドリンクバー、スープバー、サラダバー、ライスバー、カレーバー、があるらしい。

で、それってもしかして東京には無い!?

『家族ゲーム』って住宅街が出てきていたけど、神奈川か埼玉で撮影していたのかな!???
翔くんゴトをまったく追っていないから、分からないんだけど・・・ (~_~;)

見当は付けたものの、自分もまだ行っていないので良く分からないけど・・・ (~_~;)

ではまたディスク整理しま~す (^^ゞ

|

大野智表紙2013.8.28号『anan』

皆さんはもう、大野智表紙の今号の『anan』を見ただろうか!?
ま、見た人がほとんどだと思うけど、

私の感想は、
「この男、ずるいなぁ~」
って (^^ゞ

思いっきりカッコ付けている訳じゃないのに、人を魅了してしまって、なんかちょっとした憤り(?)を感じながらも、何度もページをめくり、そして胸が苦しくなってくる。

ロングインタビュー、っていうほどの長さは無いけど、思ったよりも写真が多くて、視線を外した感じと、視線を向けた感じと、絶妙に混ざっている。

インタビューでは、女子の肌質や髪型の好みについて質問されていたけど、
「ザラザラして凸凹して固い肌質が好き」なんて人、いるのかな!???
でも、「スベスベでしっとりと柔らかい肌が好き」なんて言えないよね!? (~_~;)
髪型も「後頭部あたりで結ぶポニーテールが好き」なんて、ここでの活字には似合わないよね。

ふと思った瞬間に、自分の中から湧き出てくる言葉なら良いけど、誘導されて特定の言葉を発したくないのかもね!?

”国民的アイドル”、自分の置かれている立場が分かっているからね。
幅広い年齢の女性から支持されているコトを。

髪が長い方がイイ、短い方がイイ、なんて、そんなんを”好きな女性のタイプ”に入れる人は好きじゃないし、ま、”似合っていれば”、それが一番!だよね (^_-)-☆

『TVガイドPERSON』の写真も好きなんだけど、こっちはまだ買っていない。

「こんなチマチマやってないで、大野智の写真集を出してしまおう!」
なんて思ったけどね (^^ゞ

だから、被写体”大野智”を思う存分引き出せるカメラマンほかスタッフの方々が集結して、写真集を出して頂きたいですね。

『anan』の20ページの写真の流れで、半裸になっても何の違和感も無いと思うんだけどね・・・。

|

櫻井翔の理想のタイプ、診断と結果、ほか感想

『ほんまでっかTV』でゲスト出演した際に挙げた6カ条。

1.人を立てることができる
2.人に流されない
3.家族思い
4.損得勘定で行動しない
5.裏表がなく嘘をつかない
6.同性から信頼される

すでにネットでは、これは智のコトだ、とか、これは松潤のコトだ、とか、話題になっているけど、
「えっ?何様だよ!?」って思ったのは私だけなんだろうなぁ・・・ (~_~;)

ま、私もそう思った瞬間に、
「あっ!櫻井翔様だよね!!」
って納得したんだけど・・・ (^^ゞ

でもまぁ、TVの演出で6段階にしなきゃいけなかった、ってコトもあるだろうしね。

でもまぁ、そうだとしても6個の条件が出てくる、っていうのが櫻井翔様だよね。

「群衆よ!ひざまづきたまえ~」
ってセリフ、似合いそうじゃない!???

歌番組で観客の近くに行ったとしても、ファンが出している手にタッチする松潤と違って、手を差し伸べる群衆に触れることは無く、カメラ越しの聴衆にポーズする櫻井翔様。

コンサートで、下ばかり見て個人攻撃のようにファンサする智と違って、「上のほぉ~」に大きく手を振る櫻井翔様。

まさにそれは、皇室のお手振りと一緒で、神々(こうごう)しい様(さま)でございます。

でも、ま、他のメンバーもきちんと ”上の方” にも手を振ってくれるけどね (^0^)/

今日の『ヒルナンデス』でゲスト出演した際には、1番好きな女性のコーデを選んで理想の女性が分かる、という心理テストが実施され、

櫻井翔様は、

パンプスにスキニーパンツ、ノースリーブの襟付き白シャツ、肩に薄いセーターを掛ける、
という
●『きれいめシンプルコーデ』を選択。

その診断は、

男性:『医者』タイプ
社会的に自分がどう見られているか?を無意識に考えている。
理想は、しっかりした賢い女性。

『ほんまでっかTV』での脳科学評論家の澤口先生による総合診断と同じ結果!!
澤口先生いわく、
「櫻井さんの今までの理想の女性像というのは、基本的に頭が良い女性」
「色んな意味で頭が良い女性」
「脳科学的に頭が良い人は頭が良い異性を選ぶ性質がある」

ま、私は『ネプリーグ』を観て、結構きちんと解答できる北川景子ちゃんとは、お似合いだと思ったけどね。

松潤も、このコーデを選びそうだよね。

女性:『良妻賢母』タイプ
自分に似合うものと他人から評価されるものを知っている賢い女性。

●『キュートカジュアルコーデ』<黒のハイカットシューズに、ざっくりとした黒のトップスとレモンイエローのホットパンツ>
を選択した人は、
男性:『アーティスト』タイプ
自分と女性は対等で一緒に楽しみたいと常に思っている。
理想は、友達のような女性。

女性:『甘えん坊』タイプ
男性に守ってもらいたいという思いが強い女性。

横山くんが選んでいたね。
智は絶対に(?)このコーデが好きだよね。
そういえば横山くん、以前、理想の女性は ”おかんみたいなタイプ”<←自分の”おかん”という意味ではなく>と言っていたな。
なんかそれ、智にも通じそうな気がする。

相葉ちゃんも、このコーデが好きそう。

●『愛されフェミニンコーデ』<白のウェッジソールのサンダルに、黒地に赤い花柄(?)のふんわりワンピを、黒のベルトでウエストマーク>
を選択した人は、
男性:警察官タイプ
男らしさを常に意識し、女性をコントロールしたい気持ちが強い。
理想は、自分に尽くしてくれる奥ゆかしい女性。

女性:『天真爛漫』なタイプ
女性としての自分を楽しんでいるマイペースな女性。

村上くんが選んでいたね。

ニノは上の2つの感じがしないんだよね。
だから意外と、このタイプ!?

|

『ジャニーズフィルムフェスタ2013』

9月1日(日)まで、東京ドームシティホールで1日3回、上映しているね。

チケット発売のコトをすっかり忘れていて完売だったけど、追加チケット発売の案内が7月下旬にあって、でもその前に、たまたまローソンに寄った時、ロッピーで確認したらチケットが取れたので、8月上旬に観てきたよ。

今頃のアップだけど (^^ゞ

あっという間だよね、もう2日後には『24時間テレビ』が始まるよ (^.^)

映画は、想像していたのとはちょっと違っていたね。
全体がもっと物語みたくなっているのかと思った。

内容は、今年の11月13日でアイドルの資格『Johnny's License』が切れてしまう『Hey!Say!JUMP』が、資格更新のために先輩からの教えを伝授してもらうというもの。

その先輩ジャニタレのそれぞれの活躍を、キャスター、映画、絵画、音楽、舞台、のキーワードの中に分類して、各グループごとで対談していく感じ。

映画での対談内容は1,000円のパンフに載っているので、映画を観ていない人は、パンフを買って読むだけでも面白かも。

◆キャスター
国分太一、井ノ原快彦、櫻井翔、亀梨和也
※NEWSの小山くんとか、関ジャニの村上くんとかは、まだ入れてもらえないんだね。
だって、山口くんも入っていないしね (~_~;)
入れたら太一くんとダブっちゃう(?)しね (~_~;)

◆映画
岡田准一、二宮和也、生田斗真
※うんまぁね、『映画』って感じがするよね、この3人。

◆絵画
大野智、安田章大
※2人ともオネェキャラで、智はサミーだったよ。
これ、”チャレンジ企画”になっていて、Hey! Say! JUMPの9人が実際にお絵描きをするだよね。
パンフに、様子の写真は載っているけど、描いた絵は全員分載っていないよ。
智が伝授するのって、”ダンス”だと思っていたんだけど、なんかそんな記述を読んだ気がしたんだけど、違ったんだね。

◆音楽
長瀬智也、錦戸亮、大倉忠義
※3人でセッション&対談。
セッションした様子の写真はパンフに載っているけど、音源はもちろんパンフには付いていません (~_~;)

◆舞台
東山紀之、坂本昌行、堂本光一、滝沢秀明
※舞台って、ジャニーズの真髄、ジャニーズの根本(?)、って感じがするよね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

映画を観た正直な感想は、「これ、『映画』にする必要あったのか!?」ってコト。

ま、映画でもイイんだけど、これこそ”チャリティーフィルムフェスタ”って感じで、収益を寄付するような感じだと気分イイ(?)んだけど。

|

『ザ少年倶楽部』”サマー”の回、少年から大人へ

私は8月16日(金)放送の録画を観たんだけど、ま、少クラは、実は毎回録画をしているけど、ディスク容量が足りなくなってくると、観ないで消すこともある。
が、今回は、書きたくなったコトがいくつかあった。

◆『SexyZone』マリウス葉
皆さん、知ってますか?、マリウスの年齢。

・正解は13歳です。

皆さん、知ってますか?、マリウスの身長。

・正解は、172cmです。

本番前に、藤ヶ谷くんがマリウス本人に、年齢を聞いて、身長を聞いて、再び年齢を聞いた気持ち、分かるけど・・・ (~_~;)

顔のアップだと今までと変わらない感じで幼いんだけど、全身が映るとスタイル抜群で完璧なる8頭身だよ、マリウス。

何だろう、なんか変なドキドキがあるよね (~_~;)、 うまく言えないけど。

2年前の11月20日、『SexyZone』デビューシングル購入での握手会に行った時のブログ記事には、

”聡くんとマリウスくんいたのかな、たぶん、健人くんの左側にいて、チラッと視界に入った2人だと思うけど(^_^;)”

なんて書いてあるけど、その時は自分の視線の高さにいなかったんだもんね。
それがこの2年間でこんなに成長して・・・。

ふと、中高一緒だった同級生の男子を思い出した。
中学の時は、身長が私と同じくらいで、顔がすごくキレイだったからそれなりにモテていたんだけど、高校になったら私よりもグッと大きくなって、そしたらますますモテるようになって、
「えっ?なんかカッコイイかも・・・」
って、その男友達を思ったことを思い出した (^^ゞ

いつでも、いつまでも、淡い気持ちを思い出せる、これがジャニーズの醍醐味(?)なのかな!?

◆『Kis-My-Ft2』
一番天然なのは?、の問いに、”全員が天然”的な発言が。

キスマイって、歌もダンスも上手くて、一般のイメージだと、クール路線だと思うんだよね。
カッコ付けているというか。親しみやすさが足りないというか。

天然っぷりを、バラエティ番組とかで、もっと発揮できるようになれば、ファンも拡大するような気もするけどね。

◆『A.B.C-Z』&『SexyZone』
それぞれの5人もイイけど、この10人、意外とイイと思う。
『A.B.C-Z』だけの時よりは華やかになるし、『SexyZone』だけの時よりは安定感があるように思えるから。

◆ジェシー&松村北斗
玉森裕太主演ドラマ『ぴんとこな』に出演中の2人だけど、私は演技している時よりも、今回に限らずだけど、少クラでのユニットの方が好きだな。

『B.I.Shadow』解体で『SexyZone』がデビューした時、「なんで!?」って思ったけど、北斗くんにはジェシーとのユニット方が合っている気がする。

◆岩橋玄樹&神宮寺勇太
香取慎吾主演ドラマ『幽かな彼女』に出演していた2人だけど、岩橋玄樹くんは、少クラ観ていて「カワイイな」って思っていたんだよね (^^ゞ
でも、演技は神宮寺勇太くんの方が上手かな (~_~;)

今、ジュニアで一番のお気に入りは、岩橋玄樹くん!!

カワイイし、カッコイイ、アイドルっぽい (^^♪

今はまだ16歳だけど、これからどんな風に成長していくんだろうね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

少年から青年への変化って、本当に分からないよね。
ま、男子に限らずだけど、10代の時は可愛かったのに、20代ではこんな仕上がり!?、みたいな。

トレーニングが好きな人、しない人、アウトドアが好きな人、インドアが好きな人、個々の趣味で外見が変わってくるもんね。

趣味までは管理しきれないから、というか、管理したら人権問題?

永遠の17歳、二宮和也。
だと思っていたけど、やっぱり大人のカッコ良さがニノにはあるもんね。

可愛さは、本物の17歳には、かなわないかな!?

いや、でも、30代で可愛く見える『嵐』は、やっぱり国民的アイドルだね!!!

|

『嵐』のコンサートチケット&グッズ、本当に望んでいる人の手に渡っていないのかな!?

ひとつ前の記事で、地方の人がグッズ購入を希望していた場合、

”沢山購入して転売するのは良くないことだと思うけど、グッズ購入だけのために高額な運賃を払うと思えば、長時間並んでグッズを購入した人への手間賃を払った方が安くなる、ということもあるかも知れません。”

と書いたけど、

Johnny's web で募集した『アラフェスグッズ』先行購入でも、やっぱりグッズを転売する人はいるんだなぁ~、って。

別に、長時間並んだからって、転売してイイって言っている訳じゃないけど、圧倒的に普段のグッズ購入よりも楽に購入できるはずの今回の先行販売。

購入後に、『汐博』近くの郵便局でグッズを発送する人が多数出現し、他の利用者にも影響するということで、平日は、ゆうパック発送のために、郵便局の出張所がグッズ売り場近くに出来たとか。

もちろん、地方にある自宅や友達の家などに発送する人もいるだろうけど、そうじゃない人もいるよね・・・。

どうしてそういう人に当選しちゃうんだろう、って。

楽して購入して転売して、本当に欲しい人の中には、まだ暑い9月に長時間並ばなきゃいけないことになるって。

何だか矛盾しているなぁ~、って。

今回の『アラフェス』チケットだって転売される訳で、
同じ人が同じ日程には、まず申し込めないし、同行者と自分で両日当選した、っていうのも考えにくいし、
なのに、売るほどチケットがダブついている(?)、
って、ことはないよね・・・。

だからなんで、”売る”つもりの人に当たっちゃうんだろうね?

『B'z』みたく、完全にFCでチケットを管理するようになったら、『嵐』のFC会員数が減ったりして・・・ (~_~;)

『B'z』のFC会員数が減ったかどうかは分からないけど、本当にかなり厳密なその制度を導入してから、沈静した感じはあるよね。

ところで、『嵐』FC会員の大島さんも、落選するコトってあるのかな!??? (~_~;)

|

アラフェスグッズ購入に当選しなくても、大野智の原画は観られます!(ほぼ私信)

日テレの『汐博』で、当選者だけが購入できる『アラフェスグッズ』。

同じく『汐博』で、『24時間テレビ』のブースがあります。

別の場所です!!

『アラフェスグッズ』に落選したから智の原画が見られない、というような記事を書いているブログを、先ほど読みました。

残念ながらコメント欄が無かったので、この記事を読んでくれるかは分からないけど、ここでお伝えしようと思って。

とは言え、これを読んだからって、すぐに行けないのかも知れないけど・・・。

私はグッズ購入が始まると『24時間テレビ』のブースが混むと思って、7月下旬の平日に行ってきました。

去年より狭いスペースだと思うけど、待ち時間が無くすぐに入れて、1度出たけど再度入り、繊細な図柄をじっくりと眺めてきました。

ぜひ、機会があるのなら、お立ち寄りください。←何の立場!? (^^ゞ

グッズも、確かに、B'zや安室ちゃんなど、通販やネット販売があるから、ジャニーズだってそうしたって良いと思います。

グッズの転売禁止、って大義名分で、黙認しているような気もします。
なぜなら、注文から発送までの手間と、その人件費が省けるから。

沢山購入して転売するのは良くないことだと思うけど、グッズ購入だけのために高額な運賃を払うと思えば、長時間並んでグッズを購入した人への手間賃を払った方が安くなる、ということもあるかも知れません。

買いたいと思ったら行ける、観たいと思ったら行ける、都合さえ付けば行動できる範囲にいる自分は、それだけでも幸せだと思いました。

J事務所は、全国各地にいるファンのことを、もっときちんと考えるべきだと思いました。

|

『嵐』の次に来るグループは?予測不可能、意外な展開になるかも!?

皆さんは、誰だと、どのグループだと思いますか?

何となく事務所的には、現在だと、
『嵐』の次に推しているのが『関ジャニ∞』、
『SMAP』の次に推しているのが『Kis-My-Ft2』、
という両派閥のトップの次が見える構造になっているような気もするけど (~_~;)

『嵐』が『SMAP』を超えた!、など『SMAP』VS『嵐』ネタは色々あるけど、キャリアが10年、年齢的にも大まかに言うと約10年違うからね。
やっぱり、そのくらいの年齢差もないと、大きな変動は見られないと思う。

だから、『関ジャニ∞』も『Kis-My-Ft2』も『嵐』に年が近いイメージがあるので、『嵐』を超えることはないと思う。
残念ながら『A.B.C-Z』も、橋本良亮くん以外は『嵐』と年齢が近いので、事務所内でのトップは難しいと思う。

そうすると、これから期待できるのは『Hey!Say!JUMP』と『SexyZone』。

一番の狙い目(?)は、『嵐』が30代後半になった時。

来年、『嵐』は15周年だけど、2019年の20周年の時が、まさしくその時。
『嵐』の劣化が進んでいく中、20代の『Hey!Say!JUMP』と『SexyZone』←マリウスはまだ10代 (~_~;) が、輝かしく見えるかも知れない。

と思ったのも、30代後半に差し掛かった時の『SMAP』を見てそう思ったから。

その頃、周りを見渡した人々は、親しみたっぷりの青年たちが楽しそうにしている光景を見付け、頂点にいるけど劣化した『SMAP』よりは、これから未来がありそうな『嵐』を選択した。

と、私は感じた。

そして私が、『SexyZone』より『Hey!Say!JUMP』の方が、ポスト『嵐』だと思う理由として、やっぱりデビューしてからのキャリアと年齢。

今年6年目の『Hey!Say!JUMP』。
ダンスと歌のクオリティーだけで言えば、『嵐』よりもイイと思う時はあるけど、そこに乗り換えるまでのインパクトが今のところは無いし、やっぱりまだ中高生のアイドル、ってイメージ。

とは言え、3年前に1度、すっかり中高生ではなかったけど、コンサートに行っていますけど・・・ (~_~;)

でも、明日、8月10日に誕生日を迎える中島裕翔くんを最後に、全員が20代に

追記:知念侑李くんが11月30日で20歳になりました。

そう、8月30日に誕生日を迎える松本潤くんを最後に、『嵐』は全員30代に。

そろそろ世代交代が始まりつつある予感が・・・!?

と言うのには、もう1つ理由が!

それはあの大人気ドラマ、このクールで高視聴率を独占している『半沢直樹』に中島裕翔くんが出演しているから。

最近私は思った。
流行に敏感、流行を発信、なのは、今まで通り女子中高生だと思うけど、その親の世代に比べると、絶対的人数が少ないはず。
だから、話題にはなっても大ヒットには繋がらないのでは!?
と。

そう思ったのは、『半沢直樹』の大ヒット、同じくTBSドラマ『とんび』の高視聴率。
NHK朝ドラ『あまちゃん』の劇中の役で、『潮騒のメモリー』をリリースした小泉今日子さんの18年ぶりのヒット。

これはどう考えても、現役女子中高生ではなく、その親や、それよりも上の年代の”シワザ”だと思う。

ジャニーズが仕掛けた玉森裕太くん主演ドラマ『ぴんとこな』。
『嵐』がブレイクしたキッカケとなったドラマ『花より男子』と同じ戦法で挑んだけど、10代~30代位までの幅広い年代の視聴率を狙ったと思われるけど、結果は惨敗気味 (-_-;)

そして、中島裕翔くんが出演するドラマ『半沢直樹』の思わぬ大ヒット!
もちろん、高視聴率の勝因は中島裕翔くんではなく (~_~;)、原作&脚本の面白さや、主演の堺雅人さんはじめ、魅力的な出演者の方々あってのこと。
だけど、最初ドラマを観た時、似ているけど中島裕翔くんじゃないと思うほど、イイ意味でジャニーズオーラを消してドラマに馴染んでいた裕翔くん。

主演ではないけど、ドラマでは主要なメンバーでもある中島裕翔くんの役。
この中島裕翔くんの演技に、好感を持った現役女子中高生の親よりも上の年代の人たちもいることだろう。

「『半沢直樹』に出ていた子、半沢直樹の部下で入社2年目の、ほら?、あの子ジャニーズなんだってぇ~?、可愛いよねぇ」
なんて言葉が、50代以上の視聴者から聞こえてくるのも時間の問題かも!?

50代以上じゃなくても、あれだけの視聴率、今までジャニーズに興味がなかった人たちを『Hey!Say!JUMP』に引き付けるキッカケになってくるかも知れない。

『半沢直樹』の原作本、『オレたちバブル入行組』。

若い時は流行りモノが大好きだったバブル世代。
今の流行には遅れても、大ヒットの鍵を握るのは、もしかしたらこの世代なのかも!?

『関ジャニ』の安田章大くんも、『夜行観覧車』や『なんとかなるさ。』など、”大人のドラマ”←変な意味じゃないよ (~_~;) に出演して、イイ味を出していると思うけど、これもやっぱり”中高生”ではなく、”中高年”狙い!?

よろしければ、
約1年後に書いたこちらの記事もどうぞ (^.^)

ポスト『嵐』!?、『Hey!Say!JUMP』 VS 『SexyZone』

|

『アラフェス』当落から1日が過ぎ、皆さん、いかがお過ごしですか!?

今回は何か変な気分で、
「私が行かないのにやるんだぁ~」って感じ。

いやもちろん、私はただのファンですよ (^^ゞ
私1人ごとき行かなくたって、もちろん、『嵐』の皆さんには、痛くもかゆくも無いこと。

でもな~んかね、私がいないところで、普通にコンサートが行われて、『嵐』も普通に何の変りも無く、来ている人たちを対象に、歌って踊って、手を振ったりする訳ですよ。

ま~、当たり前だけど。
『嵐』に限らず、それが彼らの仕事なんだから。

だからまぁ、当たり前だけど、私じゃなくてもイイんだ、って思って。
別に私は『嵐』コンサートの皆勤賞ではないけど。

そこに人がいれば、その人に手を振る、当たり前の光景だけど、なんかそれが今回、「へぇ~」って感じ。

ま、誰でもイイんだよ。
当たり前だけど。

なんかそんな不思議な感情だったな。

ま、でも、そう思う背景には、やっぱり”投資”というか”尽くしている”というか、そういう気持ちがあるんでしょうねぇ。
・FC会員になっている←これは大前提だけど
・Johnny's webの会員になっている←登録していない人もいるよね
・去年、『ウラ嵐マニア』を購入した←買っていない人も多いよね
・『アラフェス』投票した←Johnny's webに登録してない人は、もちろん投票していないよね
・定期発売のシングル&アルバムを購入←これだって買っていない人いるよね
・出演番組や掲載雑誌のチェック←まとめて観る(読む)こともあるけど (^^ゞ、まったく情報を知らない人もいる… (ーー;)

ま、だから、そんなに一生懸命にならなくたって、コンサートに行ける人はいる訳だから。

一生懸命に仕事をして、その仕事が評価されると思ったら、全く評価されていない気分 (~_~;)

見返りは無い。

ファンがこんなに沢山いるんだから、投票しない人、買わない人、がいても何の問題もない。
一生懸命な人が沢山いるから、そこまで頑張らなくても何の問題もない。

だから私も、ちょっとは”頑張らない人”になろうかな、と思っている (~_~;)

|

ジャニオタ卒業!?

ドキドキしていたけど、古巣(?)に戻る?

アラフェス落選 (-_-;)

ここの日程は、前から決まっていた日産スタジアムに参戦!!

今日は『スパイエア』の野外無料ライブを観たよ (^_^)/

やっぱ、私は“バンド”かな!?

夏は、やっぱり夜がイイね (^.^)

|

大野智の理想のタイプ

自由にしてくれる人、放っておいてくれる人、そっとしておいてくれる人、など・・・ (~_~;)

最近の大野智の理想のタイプは、崩れないよねぇ~ (~_~;)

今回は『TVLIFE』でニノと結婚について対談しているけど、去年、『もう誘拐なんてしない』の現場に、大倉くんが出張シェフ(?)として行った時にも、智の回答は同じような感じだったもんね。

ま、これニノとの対談だったから、なおのこと輪を掛けちゃった感じかもね。
二人して、”もう結婚には夢を持っていません!”的な・・・ (~_~;)

一緒の旅行で現地に行ったら自由行動、って言うのには、ちょっと引いちゃったけど・・・ (~_~;)

『嵐にしやがれ』で、松潤が彼女の行動を細かく聞きたがる、ようなコトを言っていた時も引いちゃったけど (~_~;)

こんなに極端な性格の人たちが同じグループにいるっていうのも面白いよね (^.^)

そうでも、友達とシンガポール、翔くんの映画の舞台になっているシンガポールだけど、別行動したね (^^ゞ

そうだ、別の友達とも別行動したことあったな、フロリダに行った時・・・ (^^ゞ

まるっきり別行動じゃないんだよ、ただ行きたい場所が合わないってコト。

短い旅行時間の中で、ショッピングとか観光とか、色々したい訳で、結局、それぞれの意思を優先した結果、「この時間は別行動にしよう」みたいな感じ。

まぁでもねぇ、お互い自由を求める、自分の意思を通したがる、だと友達くらいの距離ならイイけど、夫婦だと同じタイプは無理かもね!?

ま、私と結婚するコトは無いから心配しなくてもイイんだけど (^^ゞ

智の結婚相手の理想を聞いたり読んだりすると、どうしても8歳くらい”年上”が思い浮かんじゃうんだよね。
でもそうすると、もうそろそろ結婚した方がイイんじゃないかって思っちゃうよね、相手の年齢を考えて(?)風間くんみたく (~_~;)

でも、性格って年齢に関係ないところもあるから、智よりも年下で、お母さんみたくゆったりと包み込んでくれるようなタイプの人だっている訳だよね。

で、そうやっていつも思い浮かんでくるのが、アジアンの馬場園ちゃんなんだけど・・・ (~_~;)

ま、あくまでもイメージなので、馬場園ちゃんがどんなタイプの人かは知りません (^^ゞ
ちなみに、馬場園ちゃんは智と同学年でした (^^ゞ

|

ドラマ『ぴんとこな』を観ない理由は

相変わらずの低視聴率ではありますが・・・ (~_~;)

ま、悪くはないと思うけどね、私は。

前にも書いたけど、松本潤主演ドラマ『花より男子』と似たスタンスなんで、私は好きだけど。

でも思うに、この時、まだ『嵐』は今ほどのブレークはしていなかったけど、”松本潤”はわりと俳優として仕事をしていたと思うんだよね。

で、同年代よりも上の人たちを対象とした(?)、ドラマ『きみはペット』とか、映画『TokyoTower』とか、『嵐』のファンじゃなくても”松本潤”を知っている人が、今の玉森くんよりも多かったと思うんだよね。

で、原作漫画の『花より男子』は、幅広い年代での知名度があり、原作を読んだことがある人から無い人まで、ちょうどピッタリとハマったんだろうな、2005年~2008年。

ま、この2つを比較するなら、原作&主演男優、の知名度の違いだと思う。

私自身は、実は、中山優馬くんがあまり好きじゃなかったんだけど (^^ゞ、別に特に何が嫌い、とかはなくて、何となくあんまり好きなタイプじゃないというか、う~ん、ま、単純に”好きじゃない”って感じ・・・ (~_~;)

でも、『ぴんとこな』を観て、まぁまぁ好感が持てるようになった (^^ゞ

だからもしかしたら、私と同じように、”優馬くん拒否”をしている人がいて、ドラマを観ていない人がいるのかも知れない!?

で、ドラマを観ていて、実は一番気になるのは、ヒロイン役なんだよね・・・。

川島海荷ちゃんが可愛すぎて、というか、幼すぎて見えて、なんか海荷ちゃんのアップとかになると、な~んか違うなぁ~、って思う・・・。

優馬くんが大人っぽくなってきたから、玉ちゃんと優馬くんの2ショットはそんなに違和感がないんだよね。

優馬くんと海荷ちゃんの2ショットも違和感がないんだけど。

玉ちゃんと海荷ちゃんの2ショットに違和感があるんだよね。
この前なんか、兄妹にしか見えなかったよ、私には。

ドラマ『花男』の時に、次にこんなドラマがあるなら、志田未来ちゃんにやって欲しい、って思っていたんだよね。

たぶんその方が、画(え)が引き締まるような気がする。

で、その志田未来ちゃんは、このクール、橋田寿賀子先生脚本のドラマ『なるようになるさ』に出演。

志田未来ちゃんなら、同じクールでもドラマ掛け持ち出来るだろ!、
なんて勝手に思って、ドラマ『なるようになるさ』を観てみたけど、『ぴんとこな』の海荷ちゃんと同じような髪形はしていたけど、まるっきり違うからね、役柄が。

う~ん、ちょっと難しいかなって思った (^^ゞ

あとは、桜庭ななみちゃんとかはどうだったのかな!?

いや、川島海荷ちゃんが悪い、って言っているんじゃなんだけど、なんであんなにポワ~ンとした感じに仕上がっているんだろう、顔が。

何だかあれだと、あんまり”貧乏”を感じないんだけどね。

『怪物くん』のウタコの時の方が良かったな、って思う今日この頃。

|

『VS嵐』(2013.8.1)ちょっとだけ感想

この前の記事で書いた、”書きたいと思っていたタイトル”と全く違うけど・・・ (~_~;)

もう8月だね (^_-)-☆

コロコロバイキングの相葉ちゃんを見て
”出来る男、相葉雅紀”って思ったよ (#^.^#)

体操選手権とかのMCでの相葉ちゃんの顔、って感じがした。

ま、もともと、”出来る男”、5人が集まって『嵐』が出来ていると思うんだけどね。
ま、でも、みんなが、”出来る”、を強調し過ぎないトコロが『嵐』なんだなって思うよ。

10秒チャレンジは段ボール組立で、全員出来たらOK!

が、出来たのは智のみ。

出来上がった段ボールを右掌に乗せ、キメ顔(?)で、
智「俺は向いている」

ニノ「何に向いてんだよ!?」←確かに (~_~;)
引越し屋さんとか!?

ま、智は出来そうな気はしたけどね、器用だから。

新聞(雑誌)縛り、もして欲しいね。
積み重なった新聞(雑誌)の上下がきちんと十字になるようにヒモで結ぶの。

これだと、なおさらのこと、出来るのは智だけだろうけど!?

私、あれ、得意なんだぁ~ ←どうでもイイ情報・・・ (~_~;)

|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »