« Mステ(2013.5.31)ちょっと感想 | トップページ | じゃ、智、海外で会おうか!? なんて (^^ゞ »

大野智のソロアルバムリリースに向けて???

今日の『Mステ』ではカバー曲の特集をしていて、嵐の1stコンで歌った智の『雪国』、良かったねぇ~♪
智、2006年くらいまで、ジャケットが大きいなぁ~、って時あるよね (^_^;)

さてさて、じゃ、本格的に智もカバーアルバム出しますか!!
堂本剛くんみたいに・・・。

ま、あそこまでじゃなくてもイイんだけど、ひっそりと(?)智マニア向けに (~_~;)
”こんなの出そうと思っています”、みたいな感じで、『アラフェス』みたく完全受注生産にして。
で、いっそのこともう、智に何を歌って欲しいかのアンケートも取って (^^ゞ

ただここで、関係各所の皆さまが心配されているのは、智マニアが多くいるのは分かっているが、「果たして大野智の歌声は一般に波及するコトがあるのか?」ということでしょう(?)
売上が見込めるのか!?と。

だから、この完全受注生産なんだけど、旅行、ツアーの最低遂行人員みたく、最低受注枚数を決めるっていうのはどう!?
旅行だと、その人数が集まらなければ遂行されないけど、それと一緒で、最低○枚の受注が無ければ生産しない、ってコトにすれば。

ただ、最低○枚、って出すのもなんだから、見込み枚数を上回らなければ生産しない、とか、まぁ、適当(適切)な表現に変えて。
経過はネットで見られるようにして、”あと何枚”じゃなくて、”只今○%達成”とか適当(適切)な表現で。

最低受注枚数は、途中で修正してもイイと思うんだよね。
例えば、当初は最低受注枚数20万枚だったけど、伸びそうもないから10万枚にするとか。
逆に当初は5万枚だったけど、すっごく好調だから20万枚にするとかね。
消費者には達成率を表す円グラフを見せるイメージだから、状況によって分母を変えるってコト。
そうすると、少ない受注でもすごく達成しているように見えるし、逆に沢山の受注があるのに達成まで遠いようにも見える。
ま、折り合いをつけて達成するように修正すればイイと思うんだよね。

どうなんだろうね、最低受注枚数の設定。
確か、”怪物くん”の時は、20万枚以上売れたんだよね。
でもさぁ~、10万枚も売れていないCDなんて沢山あるよねぇ。
最低受注枚数5万枚、っていうはどうなの!?少なすぎ!?

だからまず受注を取り、この段階ではもちろん特別盤ですよ。
で、反響が大きいようだったら、すこ~し通常盤のリリースをしたらどう?

私の頭の中では、たいぶビジョンが立っているんだけどねぇ、ダメですかねぇ (~_~;)

まぁさ、私がファンであるうちに、購買意欲があるうちに (~_~;)、智のソロアルバムを出して欲しいってコト!! (^^ゞ

|

« Mステ(2013.5.31)ちょっと感想 | トップページ | じゃ、智、海外で会おうか!? なんて (^^ゞ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

大野智」カテゴリの記事