« 1週間日記(?) | トップページ | 一応、観たいと思っている春ドラマ »

『プラチナデータ』第2弾(?)感想+『ラストホープ』ちょっと感想

二宮和也主演映画『プラチナデータ』、7日(日)に2回目観に行ったよ (^0^)/

1回目の感想はこちら ⇒ 『プラチナデータ』第1弾(?)感想

前回は、出掛けている時にご飯を食べていて、『嵐にしやがれ』の放送もない日だったし、”レイトショー”をやっているトコロがあるってコトで観たんだけど、今回はちゃんと(?)、映画を観に行くことがメインでした (*^^)v

4日(木)放送の『VS嵐SP』で、ニノの横顔にちょっとウットリしてしまったもんだから (^^ゞ、映画を観に行くだけなのに、前日から「ニノに会える!」的な変なテンションで (~_~;)
だから1回目よりもスクリーンのニノがすっごくカッコ良く思えた (*^0^*)

映画は、スピード感があって面白かったけど、やっぱり早急(さっきゅう)な感じ(?)がするかな!?
約2時間半の中で、シーンが多すぎる気がして・・・。

たぶん、好みによると思うけど、私はもっと”神楽”が職場で働いている姿が見たかったかな。

だからね、『ガリレオ』とかのように、テレビドラマからの映画って方が良かったかなと。

事件のケースをいくつか解いていく連続ドラマ『プラチナデータ』。
で、ドラマでの最後の事件の解析結果が”神楽”になって、劇場版『プラチナデータ』に続く。

このくらいしても良かったんじゃなかったかなって。
”神楽”のあのキャラがあれで終わるのはもったいないな、って感じ。

でも、解析するとすぐに犯人が分かってしまうから、『リッチマン、プアウーマン』みたく、そのシステムを作り上げていくトコロも話に入れて。

だから最初は、システムを作り上げていこうとする神楽と、それに対立していく現場主義の浅間刑事。
次に、システムが完成して検挙率もUPしていくが、未登録者がいるコトの事実とその真相。
そして、”リュウ”の存在とその周りの人たち。←”リュウ” と ”神楽” は、まるっきりリンクしていなくて、双子なの!?、と思わせるくらいぼんやりとした出現で。

10回の連続ドラマが難しそうなら、劇場版へのプロローグ的な2時間ドラマとか90分ドラマを2回とか。

ま、もはや仕方ないけど。

逆に(?)、『ラストホープ』はドラマじゃなくて、映画に凝縮しちゃった方が面白かったかも知れないね。
なんか、ドラマ、間延びしちゃった感じがしたんだよね。
だから映画の方がイイかなって。

ま、これももはや仕方ないけど。
すべてが明らかになったから、今から映画は無くても大丈夫だよ (~_~;)

|

« 1週間日記(?) | トップページ | 一応、観たいと思っている春ドラマ »

」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事