« KAT-TUN in 東京ドーム | トップページ | ジャニタレ出演2012春ドラマ »

『KAT-TUN』コンに行ってからの

初めて『KAT-TUN』のコンサートに行ってから2日、今日も東京ドームでコンサートが行われている真っ最中!

仕事モードのまま突入しちゃったから、なんか発散しきれていなかったのか、余韻なのかなぁ~、分からないけど、今もまだアルバム『CHAIN』を聴いている。

聴いていると、なんか、色々思っちゃったね。

ドラマ『妖怪人間』までは”低視聴率男”とか呼ばれていた亀梨くんのドラマも、結構好きで観ていたもんね。
●『たったひとつの恋』
キュンとする感じで良かったけどね。
●『1ポンドの福音』
ボクサー役なのに上田くんがやるんじゃないんだ、って思ったりね。
この時の山田涼介くんはイイと思ったんだけど、何だろう今はあんまり好きじゃない (~_~;)
●『ヤマトナデシコ七変化』
これも面白いと思ったんだけど・・・。

冠番組の『カートゥンKAT-TUN』も観ていたしね。
覚えているのは、サーカスへの入門で、空中ブランコと綱渡りをやったのかな!?
あと、ビビリ中丸の映像とか (~_~;)

赤西くんの主演ドラマ『有閑倶楽部』も観ていたしね。
田口くんも出ていて、関ジャニの横山くんも出ていて、面白かったよね。

デビュー曲『Real Face』はミリオンの売上。
2006年のデビューから6年。
グループで中心的な人気を集めていた赤西くんの留学、脱退。

どうなんだろう?
これが無かったら、『KAT-TUN』はデビュー10周年を迎える前に、ジャニーズをけん引するグループになっていたかも知れない!?
『KAT-TUN』が失速しなかったら、『嵐』の浮上はここまで来なかったかも知れない!?

私の周りの『KAT-TUN』の赤西くんファンだった人が、脱退した赤西くんを応援するかというとそうでもなく、『KAT-TUN』を応援するのでもなく、『Kis-My-Ft2』に流れてしまったという・・・。

錦戸くんが春ドラマ『パパドル』の主演をしているけど、このタイミングで・・・。
いや別にドラマは前から決まっていたんだろうからね。

赤西くんが消えれば、比較対象がいなくなるので、山Pが多分、やりたいと思っていた音楽の方向性というのか、それが赤西くんが進んでいた洋楽チックなモノでも良いかも知れないよね。

その人の才能や努力っていうモノがあるのはもちろん分かるけど、それが多くの人に知らしめられるようになり、売上に繋がっていくには、それなりに多くの大人が動いている、ってことだよね。

でも、結婚も出産も悪いことだとは思わないので、才能があると思うんだったら、その才能を信じて、小さな活動でも良いので、コツコツとやって欲しいよね。
時間がある時に、曲を作りためるとかね。

多分、今のところだと、出産する頃は忙しくなさそうだから、子育てを手伝うとか出来るでしょうし、その後、今までにないイメージで露出してもイイかも知れないよね。

一般社会だったら会社を辞めて他に就職して、生計を立てていくことが出来るけど、事務所ヤメテも”業界”がひとつの大きな会社みたいだもんね。
ね、難しいよね。

ま、需要されていないモノを供給されてもね、ファンあっての人気商売ですよ。
沢山いるタレントの中、移ろいやすいファンの心をどうやって繋ぎ止めておくか、ってことだよね。

でも昨日、本屋で、大野智くんの顔を見て(もちろん雑誌でね)、「智は特別!」だって思ったもんね。
やっぱり特別に”好き”なんだよね。
複数の雑誌の表紙を飾っている顔を再度眺めて、「こんなに有名人なんだからまったく手が届かないけど」とも同時に思ったけど。

なぜ今、大野智にハマる人が多いのか、それはまた今度気が向いたら書きます (^^ゞ

|

« KAT-TUN in 東京ドーム | トップページ | ジャニタレ出演2012春ドラマ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

大野智」カテゴリの記事