« Mステ1000回記念SPは12日 | トップページ | 嵐・大野智くんの新ドラマ »

『BANDAGE』を観て感じたこと色々

今日、映画『BANDAGE』を観てきました。

やっぱりね、対外的拘束時間がないと、
こーなっちゃうんだよね。

で、感想は、面白かった。
以下、役名ではなくて、芸名で記載。

最初の方で、
きいちゃん杏ちゃんがバスケで遊んでいるシーンは、
「えっ?単なる青春映画?」ってちょっと思いました。
2人だけの映像は爽やか過ぎるんですね、きっと。

でも、そんな心配は御無用でした。

赤西仁くん良かったです。
才能がないって自分でも気付いている役柄が。
その中で、もがいている様子が。
自分の意志と現実との間での葛藤が。

実際の、ジャニーズでの赤西くんは、
ソロコンサートをやる訳ですからね。
フィーチャーされている訳ですよね。

映画を観ていて思いました。
「才能って何だ???才能って誰が決めるんだ!?」と。

専門家が「才能がある」「これは良い」と言っても
必ずしも多くの人に受け入れられるとは限らない。

才能って、たぶん、そんな微妙なラインじゃないんだと思う。
その道のプロじゃなくても、誰が観ても「スゴイ」と感じ、
人を感動させることが出来る能力、それが才能だと思う。

大野智くんのダンス映像を初めて観た時、
何度も何度も何度も何度も繰り返して観た。
あまりにも衝撃で、鮮烈で、引き込まれてしまった。

今は、存在しているだけでイイ、座っている映像だけでもイイ
っていう感じにはなっているけど、もしまだ、
大野くん自身にその気があるんだったら、やっぱり、
もっとその才能を披露して欲しいと思う。

関ジャニの横山裕くんが第3弾のソロコンサートを
やるようじゃないですか。
横山くんのクールな役柄の演技は好きですけど、
歌とか踊りとかどうなんだろう?良く分からない。

結局、事務所側、社長なのかな、
色白でキレイに美しく見える人を
フィーチャーしているような気がするんですけど…。

映画に戻ると、
金子ノブアキさんのドラムを叩く姿、
すごくカッコ良かった。

ミュージシャンだとは知っていたけど、担当は知らず、
「ギターとかだったら、あとから音を乗せられそうだけど、
 ドラムって、そうはいかなそうだよなぁ~。」
「映画のために練習してこんな風に叩けるなんてスゴイな」
って、思っていたら、本物のドラマーだった・・・。

別にプロじゃなくても、分かるんだと思うんですよ。
スゴイものは。スゴイって感じるんですよ。

この映画を観なければ、金子ノブアキさんが属する
『RIZE』を知るキッカケもなかったし、
『RIZE』を視聴してみなければ、コカコーラzeroの
安室ちゃん
のダンサブルな新CMも知らなかったし、
その安室ちゃんの壁紙がダウンロードできることも
知らなかった訳だし、
興味があるものが興味があるものへとどんどんと
つながっていくのってすごく面白い!

『RIZE』の曲は、
中田選手出演バージョンに使われています。

  ↓
コカコーラzero
  ↑
安室ちゃんの壁紙もダウンロード出来るよ☆

|

« Mステ1000回記念SPは12日 | トップページ | 嵐・大野智くんの新ドラマ »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。